sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

たっぷりチーズで作る日本の定番洋食「ポークピカタ」

久し振りに豚肉のピカタが食べたくなりました。

ピカタって、もともとはイタリア料理(piccata)が元らしいですが、例によって各国で独特の変化を遂げているようで…

日本でピカタというと、下味を付けた豚肉などに小麦粉を振り、溶き卵をからませてソテーしたものが一般的だと思います。

チーズたっぷり「ポークピカタ」を作る

今回は薄切りの豚ロース肉を使ってポークピカタを作ります。

豚ロース肉は丁寧に筋切りをしておくと、きれいに焼けて食べやすくなります。塩コショウとコンソメで下味を付けて小麦粉を振っておき、別途粉チーズをたっぷり入れた溶き卵を用意します。

ポークピカタ準備

余分な小麦粉を落とした豚肉を溶き卵にくぐらせて…

小麦粉を落とした豚肉を溶き卵にくぐらせる

フライパンで焼きます。

フライパンで焼く

きれいに焼けました。

焼き上がり

チーズたっぷり「ポークピカタ」を食べる

それでは、いただきます。薄い豚ロース肉ですが、ひとり6枚はちょっと多めでした。

チーズたっぷり「ポークピカタ」の完成

下味がしっかり付いている豚肉は、このままでもご飯が進みます。

チーズたっぷり「ポークピカタ」をひとくち

f:id:uwano-sora:20201214192108p:plain
カミさん

卵とチーズの風味が抜群!


マヨネーズを付けてもおいしいです。

チーズたっぷり「ポークピカタ」にマヨネーズ

ついでにちくわのピカタ

ちくわが余っていたので、半分に切って同じようにピカタにしてみました。

ちくわのピカタを焼く

これも味付けは塩コショウとコンソメです。

ちくわのピカタ

f:id:uwano-sora:20201027182159p:plain
sora

これはビールのお供にピッタリ!


おしまい

以上、久し振りに作った「ポークピカタ」の話でした。

ちなみに日本独特な洋食であるピカタは、横浜のホテルニューグランド初代総料理長サリー・ワイル氏が考案した「チキンピカタ」が最初だったそうです。サリー・ワイル氏は他にも「ナポリタン」や「ドリア」といった日本の定番洋食を生み出したことでも知られています。


文庫 伝説の総料理長 サリー・ワイル物語 (草思社文庫)


初代総料理長サリー・ワイル