sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

マイナポイント第2弾の合計15,000ポイントをWAONでゲット

マイナポイント第2弾が2022年6月30日からスタートしました。

筆者は初日に申し込みを行い、7月3日に無事15,000ポイントのWAONをゲットすることができました。

写真:「WAONマイナポイント」アプリアイコン

マイナポイント第2弾

マイナポイント第2弾は、第1弾と同じくマイナンバーカード新規取得+キャッシュレス決済利用で最大5,000円分のポイントが付与されるのに加え、マイナンバーカードの健康保険証としての利用申し込みで7,500円分、公共受け取り講座の登録で7,500円分のポイントが付与されます。

筆者は第1弾で既に5,000円分のポイントを貰っているので、今回はそれ以外の合計15,000円分のポイントを申し込みました。

マイナンバーカードの読み取りに対応しているスマホがあれば、申込みはスマホアプリ「マイナポイント」から簡単にできます。(WAONを指定する場合は「WAONマイナポイント」アプリからが便利)

写真:「マイナポイント」アプリと「WAONマイナポイント」アプリアイコン

筆者は健康保険証としての利用申し込みと公共受け取り講座の登録は既に済んでいたので、マイナポイントの申込みはあっという間に終わりました。

写真:「マイナポイント」アプリトップ画面

なお、マイナポイントを受け取るキャッシュレス決済は、第1弾で指定したものが引き継がれていますが、今回変更することも可能です。

筆者は第1弾と同じWAONをそのまま指定しました。

WAONのマイナポイント第2弾

一昨年のマイナポイント第1弾では、キャッシュレス決済にWAONを指定すると、最大2,000円分のWAONの上乗せキャンペーンがありました。

マイナポイント第2弾では、抽選で1,000名に15,000円分、10,000名に1,500円分のWAON POINTが当たるキャンペーンが実施されています。

「健康保険証利用申込」もしくは「公金受取口座登録」のどちらかが完了し、キャンペーン期間中(2022年6月30日~8月31日)にWAONで5,000円を利用することが条件で、条件を満たすと自動的に抽選の対象となります。

応募口数は、「健康保険証利用申込」で1口、「公金受取口座登録」で1口ですが、スマホの「iAEON」アプリを登録してキャンペーンにエントリーすることで更に1口が増え、最大3口の応募となり、当選する確率が上がります。

写真:「iAEON」アプリのアイコン

マイナポイント第2弾でWAONを指定した場合は忘れずにエントリーしておきましょう。

写真:「iAEON」アプリのキャンペーンエントリー画面

早速マイナポイントをゲット完了

WAONの場合、マイナポイントに申し込んで(条件を満たせば)3日後にはマイナポイントが付与されます。

付与されたマイナポイントは、店舗のWAONステーションやスマホの「WAONステーション」アプリなどで受け取り(ダウンロード)を行う必要があります。

写真:「WAONステーション」アプリアイコン

無事マイナポイントが付与されていました!

写真:「WAONステーション」アプリのダウンロード画面

まとめ

以上、マイナポイント第2弾の15,000ポイントをWAONでゲットした話でした。

今回は申し込んですぐに15,000円分(夫婦で30,000円分!)ものボイントが付与されたので、かなり嬉しかったです。

ちなみにマイナポイントは一時所得として所得税の課税対象となります。但し一時所得には特別控除額が50万円ありますので、それを超えなければ大丈夫ですが…