sora’s おいしいノート

おいしいものや気になるグッズ、身の回りのことなど…

これは便利!カインズ「すっと切れるまな板シートケース」

今年売れたキッチンのヒット商品に「まな板シート」がありますが、今回はその専用ケースである、カインズの「すっと切れるまな板シートケース」を紹介します。

写真:カインズ「すっと切れるまな板シートケース」パッケージ

「まな板シート」について

「まな板シート」とは、まな板の上に敷いて使う、使い捨てのシートで、我が家でも便利に使っています。

写真:ダイソー「まな板シート」

特に肉や魚などのにおいが気になる食材を扱うときは、「まな板シート」を敷くことで、いちいちまな板を洗わずに続けて野菜などを切ることができます。

写真:「まな板シート」の利用

ダイソーやキャンドゥなどで、スライダー式カッターが付いた紙製の箱に入って売っているのですが、実はこのカッターがちょっと使いづらいのが難点です。

写真:ダイソー「まな板シート」のスライド式カッター

シートをピンと張らないとうまくカッターが噛んでくれないので、食事の準備で忙しいときには結構ストレスが溜まるのです。

写真:ダイソー「まな板シート」のスライド式カッターで切る

カインズ「すっと切れるまな板シートケース」

実はカインズの「まな板シート」は、ケースのフタになる部分を中に折り込むことで、シートをカットしやすくするなどの工夫がしてあるそうです。

また、カインズではまな板シート専用のプラスチック製ケースも売っているということを知りました。

ということで今回入手した、カインズの「すっと切れるまな板シートケース」です。

写真:カインズ「すっと切れるまな板シートケース」パッケージ正面

使い方は紙製のケースと同様ですが、プラ製のカバーがしっかりシートを押さえる構造になっているので、安定してカットすることができます。

写真:カインズ「すっと切れるまな板シートケース」パッケージサイド1

こちらが「すっと切れるまな板シートケース」の外観です。白一色のシンプルなデザインがいいですね。

写真:「すっと切れるまな板シートケース」

カバーを開けてシートを入れます。シート自体は付属していません。

写真:カバーをオープン

専用のシートをセットします。ちなみにダイソーのまな板シートは24cm幅と30cm幅のものがありますが、24cm幅のシートなら問題なく使えました。

写真:シートをセット

シートを使う分だけ引出してカバーを閉めます。

写真:シートを引き出す 写真:カバーを閉める

カバーがシートを固定しているので、片手でスライダーを動かしてスムーズにシートをカットすることができます。これは快感!

写真:スライド式カッター

カインズ「すっと切れるまな板シートケース」の設置について

「すっと切れるまな板シートケース」の裏面全体にはマグネットが付いています。

写真:「すっと切れるまな板シートケース」裏面のマグネット

但し説明では収納に便利なマグネット付きとなっていて、冷蔵庫の側面に縦に付けている絵が書いてあるように、壁などに付けたまま使用することは想定していないようです。

写真:カインズ「すっと切れるまな板シートケース」パッケージサイド1

自宅の冷蔵庫はガラス扉なので、スチール製のラックに付けてみました。

写真:「すっと切れるまな板シートケース」の設置

この向きに取り付けると、カバーを開けるとシートがカバーに乗って出てきます。

写真:「すっと切れるまな板シートケース」の蓋をオープン

この状態で必要なだけシートを出してカバーを閉じ、もう片方の手でスライダーを動かすことでシートをカットすることが出来ます。

写真:「すっと切れるまな板シートケース」のシートを引出して蓋をクローズ

ただ、マグネットはそんなに強くないので、スライダーを動かすときにケースが落ちてしまう危険性があり、このままで使うことはお勧めしません。

マグネットだけに頼らずにしっかり固定するか、安定した台に置いて使うようにしましょう。(ちなみに筆者はガムテープで補強しました)

まとめ

以上、カインズの「すっと切れるまな板シートケース」の紹介でした。

実は以前からカインズの「まな板シート」を試してみたかったのですが、近くにカインズがなかったので、しばらく買えずにいました。

しかし!カインズが東急ハンズを買収したことで、近くにあるハンズビーでも一部のカインズ商品が扱われるようになり、めでたく入手することができたのでした。

しかしカインズには他にも面白い商品がたくさんあるようなので、一度カインズにも行ってみたいと思っています。