sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

神田カレーグランプリの優勝店「ボンディ」と「マンダラ」のカレー

近所のスーパー(ダイエー)で、「神田カレーグランプリ」とコラボしたレトルトカレーのシリーズを見つけました。

残念ながら全種類は揃っていませんでしたが、まずはその中から2種類のカレーを選んで食べてみました。

神田カレーグランプリ

東京・神田界隈は学生の街、古本屋街として有名ですが、300を超えるカレー店がひしめき合うカレーの街でもあります。その神田では、2011年から地元有志による「神田カレー街活性化委員会」により、毎年秋に「神田カレーグランプリ」が開催されています。

「神田カレーグランプリ」の決定戦は2日間にわたり開催され、参加者の投票によりグランプリが決定します。これまでに9回行われましたが、2020年と2021年はコロナ禍のため中止となりました。

これまでのグランプリは以下の通り。

神田カレーグランプリ 第1回(2011年)グランプリ:欧風カレー ボンディー 神田小川町店
第2回(2012年)グランプリ:インドレストラン マンダラ
第3回(2013年)グランプリ:日乃屋カレー 神田
第4回(2014年)グランプリ:100時間カレー B&R 神田店
第5回(2015年)グランプリ:上等カレー神田小川町店
第6回(2016年)グランプリ:100時間カレー B&R 神田店
第7回(2017年)グランプリ:お茶の水、大勝軒
第8回(2018年)グランプリ:MAJI CURRY(マジカレー)神田神保町店
第9回(2019年)グランプリ:秋葉原 カリガリ

ちなみに筆者がよく行くフードコートに入っている「100時間カレー」は、グランプリを2回(実は準グランプリも1回)も受賞しているんです。

エスビーの「神田カレーグランプリ」シリーズ

「神田カレーグランプリ」の協賛企業のひとつであるエスビー食品株式会社では、受賞店のいくつかとコラボしたレトルトカレー「神田カレーグランプリ」シリーズを販売しています。

今回食べるのは、第1回グランプリ受賞の「欧風カレーボンディ」と第2回グランプリ受賞の「インドカレー マンダラ」です。

エスビー「神田カレーグランプリ」の「欧風カレーボンディ」と「マンダラ」

「欧風カレーボンディ」のカレーは「チーズカレー」です。お店の「中辛」で、エスビーの基準でも真ん中の「3」です。

「神田カレーグランプリ」の「欧風カレーボンディ」パッケージ裏

「マンダラ」のカレーは「ビーフマサラカレー」です。お店の「中辛」ですが、エスビーの基準では「4」なのでちょっと辛めです。

「神田カレーグランプリ」の「マンダラ」パッケージ裏

「チーズカレー」と「ビーフマサラカレー」の合い掛けで食べる

それでは「チーズカレー」と「ビーフマサラカレー」を半分づつ合い掛けにしていただきます。

半分づつ「合い掛け」のカレー

こちらが「欧風カレーボンディ」の「チーズカレー」です。チーズのコクがあってマイルドな辛さです。

「欧風カレーボンディ」の「チーズカレー」

f:id:uwano-sora:20201214192108p:plain
カミさん

コクがあって、おいしいわ~!


こちらは「マンダラ」の「ビーフマサラカレー」です。結構辛めですが、トマトの風味もして深い味わいです。柔らかい牛肉も結構入っていました。

「マンダラ」の「ビーフマサラカレー」

f:id:uwano-sora:20201027182240p:plain
sora

どっちもおいしくて甲乙付けがたい!


おしまい

以上、エスビーの「神田カレーグランプリ」シリーズのレトルトカレー2種を食べた話でした。

さすがグランプリ受賞店のカレーなのでどちらもすごくおいしかったです。

エスビーのこのシリーズは、現時点で8種類が発売されているようなので、他も見つけたら食べてみたいと思います。

***

ちなみに今回使ったスプーンは、その昔横浜・伊勢佐木町にあった「横濱カレーミュージアム」のオープン記念で貰ったものです。

もう20年以上前のモノですが、ほとんど使っていなかったのでまだ綺麗ですね。食べやすい形をしていてカレーにピッタリなので、今後はもっと活用していこうと思います。

「横濱カレーミュージアム」のオープン記念カレー用スプーン