sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

WAONとnanacoがApple Payに対応!でも…

2021年10月21日から、電子マネーのWAONとnanacoがApple Payで使えるようになりました。

WAONアプリとnanacoアプリのアイコン

対応機種はiPhone8/Apple Watch Series3以上です。日本で発売されたiPhone7/Apple watch Series2は、Suicaは対応しているのに、WAONやnanacoは使えません。このへんはPASMOも同様でした。

筆者は最近iPhone 7 PlusからiPhone Xに変更したので、ギリギリセーフ!それでは使ってみるかと思ったのですが…

よく調べると筆者にとってはちょっと残念な結果に!

WAONのApple Payでの利用について

Apple PayでWAONを新規登録するには、専用のWAONアプリをインストールします。

WAONアプリをインストール

指示に従って新規登録を行い、続いてウォレットに登録されます。なおウォレットから無記名のWAONを新規登録することもできますが、「会員登録限定!いつでもポイント2倍」の特典を利用する場合は、「WAONアプリ」で会員登録する必要があります。

WAONアプリの指示に従って登録

既存のWAONカードを移行する場合はウォレットアプリの+ボタンからWAONを選択し、カードを指定して取り込みます。

ウォレットアプリでWAONを追加

クレジットチャージはウォレットからもWAONアプリからもできますが、WAONアプリを使うと、オートチャージ設定、ポイントチャージなども可能になります。

なおApple PayのWAONは、AndroidのモバイルWAONからの移行はできません

筆者にとってのApple Pay WAON

今の筆者のスマホはiPhoneなので、SuicaはApple Payで使っていますが、WAONはカードで利用しています。Androidスマホを使っていた頃にはモバイルWAONを使っていました。

モバイルWAONは残高確認やチャージなどがスマホで完結できて便利でした。WAONカードだとレジや端末でチャージするのが面倒なので、現在はオートチャージを設定してします。

但し、JALマイルと紐付いたJMB WAONはApple Payの対象外のようです。(この他にも対象外のWAONが若干あり)

我が家はJMB WAON利用なので、残念ながら当分WAONはカードでの利用を継続することになりますね。

JMB WAONカード

nanacoのApple Payでの利用について

Apple Payでnanacoを新規登録するには、専用のnanacoアプリをインストールします。

nanacoアプリをインストール

指示に従って新規登録を行い、続いてウォレットに登録されます。

nanacoアプリの指示に従って登録

既存のnanacoカード(虹色のnanacoカードのみ対応)を移行する場合はウォレットアプリの+ボタンからnanacoを選択し、カードを指定して取り込みます。

ウォレットアプリでnanacoを追加

クレジットチャージはウォレットからもnanacoアプリからもできますが、nanacoアプリを使うと、nanacoポイントの電子マネーへの交換なども可能になります。

なおnanacoの場合は、Androidのnanacoモバイルからの移行も可能です。但しその場合は、nanacoモバイルで機種変更処理をして引継番号を取得する必要があります。

筆者にとってのApple Pay nanaco

我が家の電子マネーはWAONとSuicaを利用しており、nanacoはほとんど利用していません。

正月のイトーヨーカドー「開運千本引き!」の末等がnanacoチャージだったときに、やむを得ず昔のAndroidスマホでnanacoモバイルを登録したことがありました。

そのときの残高が若干残っていることを思い出し、古いAndroitスマホ(SH-01F)を引っ張り出してきて、nanacoモバイルからApple Payに移行しようと思いました。

SH-01F

しかし!通信エラーでnanacoアプリが起動しません…

SH-01Fのnanacoアプリで通信エラー

エラーコードを調べてみると、なんとnanacoモバイルアプリは、2020年9月14日を最後に、Android 5.0未満の端末では起動できなくなっていたことが分かりました。(SH-01FはAndroid 5.0に対応していない)

Androidスマートフォンの一部機種でのnanacoモバイルアプリサービス終了のお知らせ|電子マネー nanaco 【公式サイト】

このところnanacoを使う機会もなく、Android機は全然立ち上げていなかったので、まったく気づきませんでした。

アプリが起動できないので、旧AndroidスマホのnanacoモバイルからiPhoneのApple Payへの残高引き継ぎ(機種変更手続き)もできません。

nanaco公式サイトで確認すると、センターお預かり分のnanacoポイントも少し貯まっていました。

nanaco残高での支払いや、店頭レジ等での、現金チャージ、残高確認およびポイントからマネーへの交換はまだできるようなので、早いところnanacoポイントをマネーに交換した上で残高を使い切ってしまいたいと思います。

ということで、せっかくインストールしたnanacoアプリも当面使うことはなさそうです。

まとめ

以上、WAONとnanacoがApple Payに対応したことについての話でした。

なお、Androidのおサイフケータイと違い、Apple Payではアプリの起動やロック解除が必要になります。SuicaやPASMOのようにエクスプレスカードに設定できないのが難点かも知れません。(Apple Watchでは認証なしで支払いできるように設定することも可能)

とはいえ、iPhoneユーザーでJMB WAON以外のWAON利用者や、nanaco利用者にとっては、待ちに待った対応だと思います。

しかし、残念ながら筆者にとっては今のところあまり利用価値がなさそうでした。

JMB WAONのApple Pay対応は今後の課題ということですが、Androidでは使えているのですから、早急な対応を期待したいと思います。