sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

大阪土産その2:551蓬莱の焼売

カミさんにリクエストした大阪土産の2つ目「551蓬莱の焼売」を食べました。

写真:「551蓬莱の焼売」パッケージ

「551蓬莱の焼売」

今回筆者がリクエストしたのは551蓬莱の豚饅と焼売でしたが、本命は焼売の方でした。

写真:大阪土産

以前大阪出張のときに買ってきた551蓬莱の焼売がおいしかったのが忘れられません。

写真:「551蓬莱の焼売」パッケージ中

温め方は蒸し器・せいろを使うか電子レンジかですが、公式サイトでは蒸し器・せいろでの加熱をオススメしていました。

写真:「551蓬莱の焼売」パッケージ裏

ということで、久し振りに蒸し器を引っ張り出してきて焼売を温めました。ついでに蒸しキャベツも。

写真:焼売を蒸し器で蒸す

ちなみに一緒に食べるスープは、マルちゃん「ホットワンタン貝だしスープ」にしました。

写真:マルちゃん「ホットワンタン貝だしスープ」

「551蓬莱の焼売」を食べる

それでは「551蓬莱の焼売」を頂きます。

写真:「551蓬莱の焼売」

ひとつが大きいので、半分にしてちょうど食べやすくなる感じです。

写真:「551蓬莱の焼売」の断面

フワッと柔らかい食感でボリューム満点です。

写真:「551蓬莱の焼売」をひとくち

カミさん

とってもジューシーね!

具材は豚肉と玉ねぎだけでシンプルですが旨味たっぷりでです。

写真:「551蓬莱の焼売」をもうひとくち

sora

やっぱりウマイな~!

マルちゃん「ホットワンタン貝だしスープ」も、あさりとほたての旨味が感じられ、中華のおかずにぴったりです。(こちらも量があるので半分でちょうどいい感じ)

写真:マルちゃん「ホットワンタン貝だしスープ」をひとくち

おしまい

以上、大阪土産の「551蓬莱の焼売」を食べた話でした。

この焼売はシンプルながら素材の旨味たっぷりでボリュームがあり、とても満足感が高いです。焼売では一番好きかも知れません。