sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

DIME1月号付録のデジタルメモパッドはクールデザインの使える奴!

昨日は小学館の雑誌DIME2021年1月号の発売日でしたが、実は筆者はこの日を首を長くして待っていました。

というのも、DIME1月号の付録にデジタルメモパッドが付いてくるからです

デジタルメモパッドというと、以前、宝島社の雑誌スプリングの12月号増刊(セブンイレブン/セブンネット限定)に付いていたことを紹介しました。

uwano-sora.com

スプリングは女性ファッション誌だし、セブンイレブン/セブンネット限定ということで、ちょっと入手のハードルが高かったかも知れませんが、今回のDIMEは全国の本屋さんに置いてあるので手に入れやすいですね。

前回スプリング付録のデジタルメモを入手して大いに活用しているのですが、書いたメモをしばらくキープしておきたいことが多く、どうしてももう一つ欲しかったのです。


***

ということで無事入手しました。

DIME2021年1月号と付録

デザインは男前のブラックで統一されています。

DIME2021年1月号付録のデジタルメモパッド

スプリング付録デジタルメモと同様、バックライトはありませんが、明かりの下では緑色のやさしい発色で見やすいです

DIME付録のデジタルメモパッドで字を書いた様子

同様に筆圧を感知するので、細い線と太い線を書き分けられます。マットな画面で書き味も良好です。

DIME付録のデジタルメモパッドは筆圧対応


***

スプリング付録のデジタルメモと比較するとこんな感じです。

DIME付録のデジタルメモパッドとスプリング付録のデジタルメモ

裏にマグネットは付いていませんでしたが、あとはスプリング付録デジタルメモと同じように使えます。

DIME付録のデジタルメモパッドとスプリング付録のデジタルメモの裏

付属のペンを右下の穴に差し込んで自立させることも可能ですが、ボディの下辺が若干カーブしているため、少しグラつきます。

デジタルメモパッドを自立させる

DIMEの説明にも書いてないので、この使い方は想定していないのかも知れませんが、できないことはありません。


***

DIME2021年1月号は、この付録付きなら納得の低価格です。


デザインはカッコイイし、エコなメモツールを入手してみてはいかがでしょうか。


***

ところで昨日は、レジリエンス号無事打ち上げ成功しましたね!おめでとうございます!

sora

野口さん、行ってらっしゃい!

夜の打ち上げはさぞかし迫力あるだろうと思っていましたが、ロケットエンジンの光が強烈すぎて他になにも見えなかったですね。

昼間の打ち上げの方が、ロケット噴射の煙などが舞い上がるのが分かって面白いかも。

レジリエンス号は現在、ISSに向けて順調に飛行しているようで、ISSとのドッキングは日本時間の本日11/17午後1時頃の予定です。

実は昨日は用事があって打ち上げをリアルタイムで見られなかったので、本日午後のISS到着は是非リアルタイムで見たいと思います。

youtu.be

youtu.be