sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

カルディ「ナシゴレンの素」でスパイシーなシンガポール風焼き飯

カルディで「ナシゴレンの素」を買ったので、「ナシゴレン」を作ってみました。

写真:カルディ「ナシゴレンの素」パッケージ

カルディ「ナシゴレンの素」

「ナシ」はご飯、「ゴレン」は炒めるなどの意味で、「ナシゴレン」はインドネシア、マレーシア、シンガポールなどで食べられている焼き飯だそうです。

筆者はインドネシア料理だと思っていましたが、カルディの「ナシゴレンの素」のパッケージには「シンガポール風焼き飯」というサブタイトルが付いていました。

写真:カルディ「ナシゴレンの素」パッケージ裏

パッケージの中には、ご飯一膳(200g)分の小袋が2つ入っています。

写真:カルディ「ナシゴレンの素」の内容物

今回は「ナシゴレン」の具材として、えび、ウインナソーセージ、しめし、パプリカを用意しました。

写真:ナシゴレンの具材

フライパンで具材を炒めたら、炊いたご飯(米1.5合)と「ナシゴレンの素」2袋を投入します。

写真:ナシゴレンを作る

混ぜ合わせたら出来上がりです。

写真:ナシゴレンの出来上がり

ナシゴレンを食べる

レタス、トマト、目玉焼きをトッピングして、「ナシゴレン」を頂きます。

写真:ナシゴレン

甘辛くてスパイシーな焼き飯です。

写真:ナシゴレンをひとくち

カミさん

結構ピリッとするね!

半熟の目玉焼きを割ると、辛さがマイルドになります。

写真:ナシゴレンと目玉焼き

sora

でもこの辛さが好きだな~!

写真:ナシゴレンと目玉焼きをひとくち

おしまい

以上、カルディの「ナシゴレンの素」で「ナシゴレン」を作った話でした。

「ナシゴレン」は以前、国内の東南アジア系のお店で食べたことがあり、甘辛い味が好みでしたが、この「ナシゴレン」もなかなかおいしかったです。

Amazon 「炒飯・ピラフ」の売れ筋ランキング