sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

夏にうれしい!ワタミの株主優待で頂いた有機アイスクリーム

このブログで何回か紹介していますが、筆者は株主優待狙いで外食系の株をいくつか保持しています。

ワタミ株式会社もそのひとつで、優待券はいつも近くの居酒屋「ミライザカ」で、ビールを飲みながら「若どりの骨付モモ一本グローブ焼き」や「とり釜飯」などを食べるのを楽しみにしていたのですが、今回はワタミファームの商品との交換を申し込んでみました。

ワタミの株主優待

ワタミの株主優待券は、以下の枚数が年2回送られてきます。

株数 優待券
100~299 6枚(3,000円分)
300~499 12枚(6,000円分)
500~999 18枚(9,000円分)
1000~ 24枚(12,000円分)

優待券は国内にあるワタミの外食店舗(一部業態店舗除く)で利用できる他、「ワタミの宅食」や「わたみのおせち」でも利用できます。

また、「ワタミの逸品」として、ワタミファームの素材を使った商品と交換することもできます。

ワタミファームとは

ワタミグループのワタミファームは、安全・安心な農産物を使った料理の提供を目指し、有機農業を展開しています。

現在、全国に11箇所の直営農場と直営牧場を経営し、畑作・酪農・養鶏・乳製品加工・集荷・販売を手掛けています。

今回、ワタミの株主優待券(3,000円分)と交換できるワタミファームの素材を使った商品は、

  • お試し詰め合わせセット(キャロット&オレンジ、生姜湯、生姜はちみつ)
  • 丹波の有機黒にんにく
  • 生姜シロップ 2種セット(レモン、黒糖)
  • アイスクリーム(バニラ、チョコ)&フローズンヨーグルト(プレーン、ブルーベーリー)

の4種類です。

筆者が選んだアイスクリーム&フローズンヨーグルトは、北海道のワタミファーム瀬棚農場で、自社生産した有機生乳を使って作られた商品です。

実際に頂いてみました

で、昨日ヤマトのクール便で届いたのがこれ!

ワタミファームのアイスクセット

ハーゲンダッツのミニカップと比べてみました。

ワタミファームのアイスクリームとハーゲンダッツのミナカップの比較1

容量は、ワタミファームのアイスクリームが90ml、ハーゲンダッツが110mlなので、ハーゲンダッツの方が若干大きめですね。

味の方は、バニラ味同士で比べると、ハーゲンダッツのこってり重厚な味わいに対して、ワタミファームの方が甘さ抑えめ、ナチュラルで爽やかな味わいを楽しむことができました。

ワタミファームのアイスクリームとハーゲンダッツのミナカップの比較2

まとめ

ワタミは、2021年3月に、岩手県陸前高田市に日本初のオーガニックテーマパーク「ワタミオーガニックランド」をオープンすることを発表しています。

施設内には、農場、牧場、養鶏場、工房、ショップ、レストラン、発電施設、宿泊施設を設け、年間来場者数約35万人を見込んでいましたが、コロナ禍の影響で今後どうなるでしょうか。

コロナ禍で居酒屋を初めとした外食産業はどこも経営が大変ですが、ワタミも頑張って欲しいと思います。

以上、ワタミの株主優待で頂いた、夏にうれしいアイスクリームの紹介でした。