sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

安うま!業務スーパーの冷凍「鮪たたき」を使ったネギトロ丼

みんな大好き業務スーパーで、冷凍の「鮪たたき」というのを買って来たので、ネギトロ丼を作ってみました。

マルハニチロの冷凍「鮪たたき」

業務スーパーで売っている「鮪たたき」はマルハニチロ製で、真空パックに入って冷凍されています。

マルハニチロの冷凍「鮪たたき」

「業務用」と記されていますが、内容量250gなので、家庭用としても使い勝手は悪くありません。

ネギトロ丼にするなら二人用としてちょうどいい量だと思います。

真空パック包装なので、パックのまま自然解凍か流水解凍で完全解凍してから開封するように書いてありました。

マルハニチロの冷凍「鮪たたき」パッケージ裏

「鮪たたき」でネギトロ丼!

ということで、今回は食べる5時間前くらいに冷蔵庫に移して解凍しておきました。急ぐ場合は流水解凍もいいけど、水がもったいないですしね…

あとはよくほぐして、海苔、ネギ、大葉と一緒にどんぶりに盛り付けるだけでネギトロ丼のできあがりです。今回は豪華にイカ刺しもトッピング!

マルハニチロの冷凍「鮪たたき」を使ったネギトロ丼

ワサビ醤油を掛けて頂きます。

ワサビ醤油を掛けてネギトロ丼を食べる

f:id:uwano-sora:20201214192057p:plain
カミさん

うわ、うま!


イカ刺しと一緒に、豪快にわっしょいわっしょい!と食べました。

イカ刺しと一緒にネギトロ丼を食べる

ところで「ネギトロ」って何だ?

ところで「ネギトロ」って「葱」と「トロ」のことではなく、まぐろの身を「ねぎ取る」から来ている言葉だとか。

『ネギトロ』とは、もともとは、まぐろ一本を丸々買っている大きな業者が、切身を取ったあとの骨のすきまにある身(中落ち)や、皮の裏の身をそぎ落として作っていたのが始まりで、『ネギトロ』といっても、いわゆる『トロ』は使われていません。『ネギトロ』の『ネギ』の語も、『身をねぎ取る』という言葉から派生したものだそうで、野菜のネギとは関係がなく、一般的に、ネギトロにネギをのせることはあっても、ネギトロ自体にネギが入っていることはありません。
日本かつお・まぐろ漁業協同組合

但し、例によって諸説あるようで、広辞苑には「葱とろ」と表記されているし、この「鮪たたき」のパッケージ裏に書いてあった「ねぎとろ丼」のレシピは、「葱」と「とろろ」を使っていました。

「鮪たたき」パッケージ裏のレシピ

f:id:uwano-sora:20201027182159p:plain
sora

まあ、おいしければ何でもいいですけどね…


以上、業務スーパーで買ったマルハニチロの冷凍「鮪たたき」を使ったネギトロ丼の話でした。