sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

第7世代Kindle Paperwhite専用カバーを買い替え

筆者が愛用しているKindle電子書籍リーダーは、2015年発売の第7世代Kindle Paperwhiteのマンガモデル(ホワイト)です。(マンガを読むためではなく内蔵メモリの大きいのが欲しかった)

第7世代Kindle Paperwhiteと専用カバー

買ったのは2016年なので、もう5年くらい使っていますが、さすがに専用カバーがボロくなってきたので、カバーを買い替えることにしました。

ボロボロになったKindle Paperwhite専用カバー

筆者のKindle Paperwhite

Kindle Unlimitedは今年始めに解約していたのですが、先日Kindle Unlimited 3ヶ月99円のキャンペーン対象になったので、再び契約しました。

Kindle Unlimited 3ヶ月99円キャンペーン

そしてまた気合入れてKindle本を読もうと思ったのですが、どうにもカバーのボロさが気になり、専用カバーを書い直すことに…

そこで初めて気付いたのですが、最新のKindle Paperwhite(第10世代Kindle)はサイズが変更されているため、旧モデルとはカバーの互換性がないのですね。

アマゾンで探すと、種類は少ないものの旧モデル用のカバーはまだ売っているようなので、慌てて購入しました。

最新のKindle Paperwhiteについて

Kindle Paperwhiteとしては、2015年発売の第7世代Kindleの次が、2018年発売の第10世代Kindleで、これが現在の最新モデルとなります。(第8世代、第9世代はKindle Oasis)

第7世代と第10世代の違いは、

  • 高さ2mm、幅1mm、厚さ0.92mm小さくなった
  • WiFiモデルは23g、WiFi+無料3G(4G)モデルは26g軽くなった
  • スクリーンとベゼルの段差がなくなった
  • 防水仕様(IPX8等級)になった
  • フロントライトのLEDが4個から5個になった
  • 内蔵メモリが4GB/32GB(マンガモデル)から8GB/32GBに変更された
  • WiFi+無料3Gモデルの通信が4Gになった

ということろ。

内蔵メモリ32GBのマンガモデルからだと大きな差はないので、まだ本体を買い換えるほどではないと思います。

ただ、今アマゾンで買うと、Kindle新規購入でKindle Unlimitedが3ヶ月分付いてくるオプションが無料で選べるので、ちょっと惹かれますね。今回のカバーがボロボロになる頃は買い替えを考えるかも…


Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB ブラック 電子書籍リーダー

今回買った専用カバー

ということで、今回買ったKindle第7世代用カバーがこれです。

Kindle第7世代用カバー

今までのはボティに合わせて白っぽいカバーでしたが、今回は気分を変えてブラックに。

旧カバー(上)と新カバー(下)

以前のカバーはかなりしっかりした作りでしたが、今回のはちょっと安物感があります。価格が3分の1以下なのでしょうがないかも知れませんが…

Kindle第7世代用カバーの表面

その分、重さは25gも軽くなりました。第7世代から第10世代で23g軽くなっており、それと同じくらい軽量化されたことになるので、これは地味に嬉しいです。

第7世代Kindle Paperwhiteと新しいカバー

まとめ

以上、旧型となったKindle Paperwhiteの専用カバーを買い替えた話でした。

ちなみに筆者はカラーのKindle Fire(7インチ)も持っていますが、iPadがあるので最近はほとんど使っていません。

雑誌やマンガなどはiPadで読みますが、じっくり本を読みたいときは、やはりKindle Paperwhiteの方が集中でき、目も疲れないと思います。軽いので腕の負担も少ないし、持ち運びも楽ですね。

f:id:uwano-sora:20201027182116p:plain
sora

さあ、これでまたKindle本をガンガン読むぞ!