sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

「あなご釜飯の素」であなご風味の炊き込みご飯

淡路島の土産物店で「あなご釜飯の素」というのを買ってきたので作ってみました。

写真:「あなご釜飯の素」パッケージ表

「あなご釜飯」を作る

あなごを蒲焼きにしてご飯に乗せた「あなごめし」は瀬戸内海地域の郷土料理で、特に広島のものが有名ですね。筆者も広島に行ったときは「あなごめし」の駅弁を買って帰りの新幹線で食べるのが楽しみでした。

こちらは「あなご釜飯」ですが、「あなごめし」を思い出してつい買ってしまいました。

写真:「あなご釜飯の素」パッケージ裏

一応、国産の焼きあなごが使われているようです。

写真:「あなご釜飯の素」パッケージ内容物

研いだ米2合に「あなご釜飯の素」を入れ、2合の線まで水を足して炊きます。

写真:米2合を「あなご釜飯の素」で炊く

炊きあがりました。う~む。ほとんどあなごさんが見あたらないですね。

写真:「あなご釜飯」の炊きあがり

あなごから出るものかどうかわ分かりませんが、混ぜ合わせるとおいしそうな香りが漂います。

写真:「あなご釜飯」を混ぜ合わせる

「あなご釜飯」を食べる

それでは「あなご釜飯」を頂きます。

写真:「あなご釜飯」

ご飯粒がパラパラに分かれているので、スプーンでないと食べづらいです。

写真:「あなご釜飯」をひとくち

sora

釜飯というよりピラフみたいだな…

味の方はとてもおいしいのですが、具が少なくてちょっとさみしいです。

写真:「あなご釜飯」をもうひとくち

カミさん

これが「あなご」かな?

おしまい

以上、「あなご釜飯の素」で作ったあなご風味の炊き込みご飯を食べた話でした。

いつものように残ったご飯はおにぎりにしようとしましたが、あまりにご飯がパラパラなのでうまくまとまりませんでした。

写真:「あなご釜飯」の残りご飯

まるでピラフみたい、ということで、この残ったご飯はピラフにして食べることにしました。(つづく)

Amazon 「おこわ・炊き込みご飯」の売れ筋ランキング