sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

ニッポンハム「アジア食彩館 ルーロー飯」はご飯が進む本格派!

まだまだ続く魯肉飯(ルーローハン)シリーズ、第7弾!今回はニッポンハムのチルド商品、「アジア食彩館」シリーズの「ルーロー飯」です。

ニッポンハムの「アジア食彩館 ルーロー飯」パッケージ


***

ニッポンハムのチルド惣菜は、野菜や豆腐などを後から加えるものもありますが、こちらの商品は特に何も加えることなく、電子レンジで温めるだけです。

ニッポンハムの「アジア食彩館 ルーロー飯」パッケージ裏

1パッケージで2食分入りで、わかめのスープも付いていました。

ニッポンハムの「アジア食彩館 ルーロー飯」の内容物

ということで、レンチン50秒で出来上がり。

ニッポンハムの「アジア食彩館 ルーロー飯」をレンチン

例によって煮玉子、炒めたほうれんそう、たくわんをトッピングしました。

ニッポンハムの「アジア食彩館 ルーロー飯」を使ったルーロー飯の完成

こちらの豚肉はひき肉を使っていました。

ルーロー飯を頂く

ウチでは魯肉飯の素を使うときはひき肉を使うので、これは筆者好みです。

f:id:uwano-sora:20201027182214p:plain
sora

濃い目の味付けなんで、ご飯が進む!


***

ここまで食べた魯肉飯に順位を付けようかと思いましたが、既に舌の記憶が怪しくなっているのでやめました。

でも、一番印象に残っているのは、オリエンタル食品の「台湾魯肉飯」でしょうか。ボリュームもあったし、味も濃く、スパイスもガツンと効いていて、筆者好みでした。

今回のニッパンハム「アジア食彩館 ルーロー飯」も、それに負けないくらい濃い味付けでおいしかったですが、スパイスはオリエンタル食品の方が効いていたかと思います。

ちなみに、これまでに食べた魯肉飯(ルーロー飯)を並べてみました。(記事の新しい方から)

f:id:uwano-sora:20201214191934p:plain
カミさん

本場台湾で食べるのはいつになることやら…