sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

邪道なのでしょうが、無印良品のルーロー飯に紅しょうがをトッピング

何やら美味しいと評判の無印良品のレトルト食品。

中でも前から食べてみたかったのが、ごはんにかけるシリーズのルーロー飯です。


***

筆者は台湾に行ったことないので、本場の魯肉飯(正しくは滷肉飯らしい)の味は知らないのですが、甘辛く煮込んだ豚肉などをご飯にかけたものですね。

食べたことなくても、もう見た目で絶対美味しいに決まっています!

ガパオライスとかタコライスとかも大好物なので、いつか食べてやろうと思っていました。

ちなみに「滷」は塩辛いという意味で、同じ発音の「魯」は愚かとか鈍いという意味らしいです。日本では「滷」という漢字は使わないので、「魯」で代用したのでしょうか。


***

ということで、無印良品でようやく見つけて買ってきました、ルーロー飯。

無印良品のルーロー飯のパッケージ

以前の写真を見るとわりと大きめの豚肉が入っていたようですが、具材を見直したようで、今はひき肉が使われていました。それに、たけのこ、しいたけ、きくらげが甘辛いタレで一緒に煮込まれていて、ご飯とよく合います。

無印良品のルーロー飯

筆者は紅しょうがが大好きなので、思わず乗っけてしまいましたが、邪道ですかね?

美味しければいいですよね!


***

ところでこのルーロー飯、筆者は十分美味しかったのですが、台湾の方が食べても美味しいと思うのでしょうか。

YouTubeで検索すると、何人かの台湾の方が無印良品のルーロー飯を食べる動画が見つかりますが、表情を見ると微妙ですね。ただ中国語が分からないので、動画はこういうときに困ります。ブログならGoogle翻訳でだいたい分かるのですけどね…

中国語字幕付きの動画もあったのですが、「不是滷肉飯」(滷肉飯ではない)と表示されていたので、まずくはないけど滷肉飯とは別物と感じているようです。やはり八角の味がしないとダメみたい…

ただし、パッケージを見るとリニューアル前の商品でしたので、現行商品では味も変わっている可能性はあります。要は美味しければ何でもいいんですけどね。


***

台湾の動画見てたら台湾行きたくなってきました。

いつになったら海外旅行行けるのかな~