sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

「ピスタチオ」は抜群の風味と栄養価でナッツの女王様!

硬い殻に包まれたピスタチオは、その風味と高い栄養価でナッツの女王と呼ばれています。

食物繊維も多く、身体に良さそうですが、脂質も多いので食べ過ぎは禁物です。

食べ過ぎを防止する意味では、硬い殻を割る儀式を経ないと口にできないところもいいですね。

ピスタチオは比較的どこででも手に入りますが、結構高いので、安いところで多めに買っておきたいところです。

ということで、最近買った、業務スーパーとコストコのピスタチオを紹介します。

業務スーパーとコストコのピスタチオ

業務スーパーのピスタチオ

まずは業務スーパーで売っていたピスタチオです。

業務スーパーのピスタチオのパッケージ

内容量230gで591円でした。100g当り約257円ですね。

業務スーパーのピスタチオのパッケージ裏

アメリカ産のピスタチオを熱風焙煎して塩味を付けたもの。

業務スーパーのピスタチオ

香ばしい香りと程よい塩加減で、いくらでも食べられちゃうのが、逆に危険かも!

業務スーパーのピスタチオを割ったところ

f:id:uwano-sora:20201214192108p:plain
カミさん

おいしい!


コストコのピスタチオ

こちらはコストコで売っていたピスタチオです。

コストコのピスタチオのパッケージ

内容量1.36kgで2,088円でした。100g当り約154円と、圧倒的に安いですね。

コストコのピスタチオのパッケージ裏

もちろんアメリカ産のピスタチオです。

コストコのピスタチオ

きれいな緑色をしたナッツで、とてもおいしいのですが、少し塩っぱいところがあります。

コストコのピスタチオを割ったところ

パッケージに記載されていた100g当りの食塩相当量を見ると、業務スーパーのピスタチオが0.7gであるのに対して、コストコのピスタチオは1.4gと、ちょうど倍含まれていました。

おしまい

以上、業務スーパーとコストコで売っていたピスタチオの紹介でした。

さすがにコストコのものはコスパが抜群ですが、ちょっと塩分多めなのが気になります。

電子レンジで作るポップコーンもそうでしたが、KIRKLAND商品は塩分多めな商品が多いのが残念ですね。

f:id:uwano-sora:20201027182116p:plain
sora

少しずつ食べよう!