sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

ご飯が超進む!鎌倉ハムの焼豚を使った「焼豚玉子炒め」

以前、鎌倉ハムの焼豚を使って「焼豚ねぎ丼(やきぶたねぎどん)」を作ったのですが、そのときの焼豚が半分残っていたので、今度は「焼豚玉子炒め(やきぶたたまごいため)」を作ってみました。

鎌倉ハムの焼豚

焼豚玉子炒めを作る

焼豚玉子炒めの味付けは、前回の焼豚ねぎ丼と同様、ヨシダソース、姜葱醤(ジャンツォンジャン)、にんにく、コチュジャンを使いましたが、今回は姜葱醤多めで醤油も追加し辛口にしてみました。

ヨシダソース、姜葱醤(ジャンツォンジャン)、にんにく、コチュジャン、醤油のタレ

薄めにスライスした焼豚をタレと一緒にフライパンで炒め、溶いた卵を投入します。

スライスした焼豚をタレで炒め卵を投入

卵にタレが馴染む程度に、軽くかき混ぜたらOKです。

卵にタレが馴染んだらOK

焼豚玉子炒めを食べる

千切りキャベツをたっぷり添えて、「焼豚玉子炒め」の出来上がりです。

「焼豚玉子炒め」の出来上がり

焼豚と玉子に生姜の効いた甘辛いタレが馴染んでいて、とてもおいしいです。

「焼豚玉子炒め」をひとくち

f:id:uwano-sora:20201027182154p:plain
sora

これはご飯が進む!


千切りキャベツとの相性も抜群です。

千切りキャベツと「焼豚玉子炒め」

f:id:uwano-sora:20201214192108p:plain
カミさん

マヨネーズをかけたキャベツと一緒だとサッパリしておいしい!


おしまい

以上、残っていた焼豚で「焼豚玉子炒め(やきぶたたまごいため)」を作った話でした。

卵は目玉焼きにする予定でしたが、急遽変更して、溶き卵を焼豚に絡ませたのが正解!

玉子に甘辛いタレが絡み、とてもご飯が進む料理になりました。