sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

トイレのタンク内の水漏れを発見!ずっと水を無駄にしていたのね…

先日、たまたま自宅トイレのタンク内を覗いたときに、タンク内で水漏れが発生していることに気付きました。

写真:トイレのタンク

***

水漏れしていたのは、タンク内の水位によって水を出したり止めたりする装置(ボールタップ)のバルブの部分からです。水位は満タンであるにも関わらず、結構な水が落ちていました。

写真:トイレタンク内の水漏れ

タンクにはオーバーフロー管があるので、水は溢れることなく便器内に流れていきますが、水を無駄にしていたことになります。

自分で修理できないか調べたところ、ボールタップをまるごと交換してしまうのがてっとり早そうです。

***

トイレタンクはTOTOのS721Bという型番ですが、それに合うボールタップは「THYS4A」であることが分かりました。

写真:トイレタンクの型番

アマゾンで注文すると翌日には届きました。ホームセンターでも売っていましたが、アマゾンなどの方が安かったです。

写真:TOTOのボールタップ「THYS4A」

***

交換作業は20分程度で終わりました。必要なのはマイナスドライバーとモンキーレンチだけの比較的簡単な作業でした。

写真:新旧のボールタップ

なお、記録として詳細な交換手順を別記事に書きましたので、もし必要な方がいたらどうぞ。(いないか…)

sorabase.com

***

ということで、5千円ちょっとの部品代だけで修理できたので良かったです。

それにしても、いつから水漏れしていたのでしょうか…

タンク内なので音はほとんどせず、全く気付きませんでした。たまにはタンク内もチェックする必要がありますね。