sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

「神田カレーGP」シリーズ最後は「噂の名店」シリーズとの合掛けで

エスビー「神田カレーグランプリ」シリーズの最後を飾るのは、第7回(2017年)グランプリ受賞店にして2019年大会の神田カレーマイスター賞を受賞した「お茶の水、大勝軒」です。

今回は、エスビー「噂の名店」シリーズから、第2回(2012年)グランプリ受賞店でもある「マンダラ」のカレーと一緒にいただきます。

「お茶の水、大勝軒」と「マンダラ」のカレー

エスビー「神田カレーグランプリ」と「噂の名店」

エスビー「神田カレーグランプリ」シリーズの最後は、「復刻版カレー」に続いて再登場の「お茶の水、大勝軒」の「スパイシードライキーマ」です。お店の「中辛」ですが、エスビーの基準では最高ランクの「5」なので結構辛そうです。

「お茶の水、大勝軒」の「スパイシードライキーマ」パッケージ裏

「特製スパイストッピング」の小袋が付属しています。

「お茶の水、大勝軒」の「スパイシードライキーマ」の内容物

そしてこちらは同じエスビーの「噂の名店」シリーズから、「マンダラ」の「バターチキンカレー」です。「神田カレーグランプリ」シリーズの「ビーフマサラカレー」に続いてこちらも再登場。

エスビーの基準の最高ランクは「5」だと思っていましたが、なんとこちらはそれを超える「HOT」の辛さです。

「マンダラ」の「バターチキンカレー」パッケージ裏

「スパイシードライキーマ」と「バターチキンカレー」の合い掛けで食べる

それでは今回も「スパイシードライキーマ」と「バターチキンカレー」を半分づつ合い掛けにしていただきます。

「スパイシードライキーマ」と「バターチキンカレー」の合い掛け

まずは「お茶の水、大勝軒」の「スパイシードライキーマ」です。ひき肉と特製スパイスの香りと食感が素晴らしいです。

「スパイシードライキーマ」をひとくち

f:id:uwano-sora:20201027182159p:plain
sora

このカリっとした食感いいね…


こちらが「マンダラ」の「バターチキンカレー」です。トマトの酸味と濃厚なバターの香りが効いていて、あとからガツンと辛さが来ます。

「バターチキンカレー」をひとくち

f:id:uwano-sora:20201214191818p:plain
カミさん

いや、かなり辛いわ!


おしまい

以上、エスビーの「神田カレーグランプリ」シリーズの最後は、「噂の名店」シリーズも参加させて合掛けカレーを食べた話でした。

今回のふたつが一番辛かったと思いますが、個人的には一番おいしい組み合わせでした。

なお、エスビー「噂の名店」シリーズは、現時点で10種類が発売されています。(グリルグランドはハヤシ)

  • プティフ・ア・ラ・カンパーニュ(東京・半蔵門)
  • マンダラ(東京・神田)
  • 白銀亭(大阪・本町)
  • コロンビアエイト(大阪・北浜)
  • エリックサウス(東京・八重洲)
  • アジャンタ(東京・麹町)
  • ハイチ(東京・中野)
  • 珊瑚礁(鎌倉・七里ヶ浜)
  • こりす(北海道・札幌)
  • グリルグランド(東京・浅草)

中には最初から合掛け前提のパッケージもあり、こちらも要チェックのシリーズですね。