sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

ステーキ宮でヒレ君とリブロースちゃんの結婚式に参列!

カミさんが突然ステーキが食べたいと言い出したので、ずっと行っていなかったステーキ&ハンバーグレストランの「ステーキ宮」に行ってきました。

ステーキ宮のカンバン

ステーキ宮

ステーキ宮は、1975年に栃木県宇都宮市にて創業したステーキ専門レストランです。

現在はコロワイドグループの株式会社アトムが経営し、2020年8月1日現在で全国に127店舗を展開しています。

ステーキ宮の入口

ここの特長のひとつは「宮のたれ」という秘伝のたれがあることでしょうか。

創業以来の秘伝のたれで、生のタマネギを非加熱製法で冷蔵熟成したものです。酸味が強いので好き嫌いありがあると思いますが、和風ソースが好きな方には合うかも知れません。

ちなみに「宮ロース」という看板メニューの肉は、ジューシーでやわらかな食感にするために牛脂を注入しています。

筆者も食べたことがありますが、筆者には柔らか過ぎに感じました。

なので、いつももっと肉々しい食感のハンギングテンダーかリブロースにしています。

サラダバー/スープバー/ドリンクバー/タレバー/ライスバー

ステーキ宮のもうひとつの特長は、5つのバーがあることです。

ステーキ宮のドリンクバー

5つのバーとは、

  • サラダバー
  • スープバー
  • ソースバー
  • ライスバー
  • ドリンクバー


です。

ステーキ宮のサラダバー

スープバーはカレースープを含んで4種類もあります。

ステーキ宮のスープバー

ソースバーは宮のたれを含んで5種類です。

ステーキ宮のライスバーとソースバー

ライスバーはありますが、パンは置いてありません。スープの種類が多いのはうれしいですね。

ヒレ&リブロースのマリアージュ

以前はヒレステーキもあったようですが、現在は通常メニューからは消えています。

しかし、現在創業45周年ということで、昨日訪れたときは期間限定でメニューに復活していました。

その名も「ヒレ&リブロースのマリアージュ」という、ヒレ100gとリブロース100gのコンボメニューなので、迷わずそれを注文しました。

ヒレ&リブロースのマリアージュ

ヒレもリブロースもとても柔らかで美味しかったです。

ステーキ宮の肉

まとめ

今回もアトムの株主優待ポイントを使わせてもらいました。

ステーキ宮は自宅から車で1時間弱のところにあるので、最近は近くのかっぱ寿司でアトムの株主優待ポイントを使うことが多かったのですけどね。

すかいらーくの株主優待の改悪が発表されたので、コロワイド/アトムが追随しないか心配です。

飲食業界は厳しい環境が続いていると思いますが、これからGo To Eatも始まることだし、利用した感じでは徐々に客足が回復しているようなので、何とかこの苦境を乗り越えて欲しいと思います。