sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

マクドナルドの「サムライマック」が「グラン」に代わり新レギュラー

2021年4月7日、マクドナルドに3年ぶりの肉厚新レギュラー「サムライマック」が登場したので、早速食べてきました。

マクドナルドの新レギュラー「サムライマック」登場

実は「サムライマック」は2020年4月8日から期間限定で販売されたバーガーで、筆者はそのときにも頂いていました。今回はついにレギュラーメニューとして販売が開始さたとのことです。

「サムライマック」は「ダブル」と「ベーコントマト」の2種類

昨年の「サムライマック」と同様、「炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ」と「炙り醤油風 ベーコントマト肉厚ビーフ」の2種類がレギュラーメニューとなりました。

「炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ」と「炙り醤油風 ベーコントマト肉厚ビーフ」

どちらも、「グラン」と同じ肉厚のジューシーなビーフパティと、香ばしい炙り醬油風のソースを使用し、トーストしたけしの実のバンズでサンドしてあります。

「サムライマック」の「炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ」

まずは「炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ」です。

「炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ」

厚みのある100%ビーフのパティ2枚とチェダーチーズ2枚が重なったボリューム満点の一品です。

「炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ」の断面

スライスしたオニオンの甘さと、香ばしい炙り醤油風のソースがビーフのおいしさを引き立て、とても満足感のあるバーガーです。

「サムライマック」の「炙り醤油風 ベーコントマト肉厚ビーフ」

そしてこちらが「炙り醤油風 ベーコントマト肉厚ビーフ」です。

「炙り醤油風 ベーコントマト肉厚ビーフ」

厚みのある100%ビーフパティにトマト、レタス、オニオンなどを重ねた、肉と野菜のバランスが絶妙の一品です。

「炙り醤油風 ベーコントマト肉厚ビーフ」の断面

たっぷり入ったオニオンの甘さやにんにくの風味がクセになる、さっぱりしたバーガーです。

「グランシリーズ」は販売終了!

「ダブル肉厚ビーフ」は肉の食べ応えがあり満足感のあるバーガーであるのに対して、「ベーコン肉厚ビーフ」の方は野菜が多めで味のバランスが取れた食べやすいバーガーだと思います。

「炙り醤油風 ベーコントマト肉厚ビーフ」の具材はグランクラブハウスと同じような感じですが、バンズとソースが違うので、味わいはかなり異なりますね。

f:id:uwano-sora:20201214192156p:plain
カミさん

私にはソースがちょっと濃すぎるので「グランクラブハウス」の方が好きかも・・・


筆者は「ダブル肉厚ビーフ」の肉々しさがとても気に入りましたが、確かにソースの味は少し濃いかも知れません。

なお、「サムライマック」が新レギュラーになるのにともない、残念ながら「グランシリーズ」は販売終了となりました。マクドナルドのレギュラーメニュー(夜マック除く)で一番高いバーガーも「グランクラブハウス」から「サムライマック」に入れ替わることになります。

f:id:uwano-sora:20201027182214p:plain
sora

「グランシリーズ」が無くなるのは残念!いつの日か復活することを期待したいなぁ・・・


以上、マクドナルドの新レギュラー「サムライマック」の話でした。