sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

完成!RASKASクリームチーズとメスティンでチーズケーキ(改)

コストコのRASKASクリームチーズを使ったチーズケーキは何回か焼いてみましたが、今回はカミさんが挑戦し、完成形と言っていいものができました!

uwano-sora.com

RASKASクリームチーズとメスティンで焼くチーズケーキ・改

今回のチーズケーキの材料です。

    (生地用)
  • RASKASクリームチーズ 5ポーション(140g)
  • 砂糖 40g
  • 卵 1個
  • 生クリーム 140ml
  • 薄力粉 20g
  • レモン汁 10ml
(土台用)
  • ビスケット 50g
  • 無塩バター 20g

以前の材料と違うのは、砂糖と薄力粉の割合を減らしたこと、そして土台用にビスケットと無塩バターを追加したことです。

今回のチーズケーキの材料

まずはクリームチーズをポーションから出してレンチンし、生地用の材料を混ぜ合わせます。

生地用の材料を混ぜ合わせる

今回は滑らかな生地にするため、型に流し込む前に漉し器を通しました。

生地を漉し器に通す

土台を作るため、ビスケットを砕いて溶かしたバターを混ぜ、クッキングシートを敷いたメスティンの底に敷き詰めます。

土台づくり

ラップで包んだビンの底などで平らにします。

メスティンの底に土台を敷く

生地を流し込んだら、予熱した170℃のオーブンで45分焼きました。

メスティンに生地を流し込む

串を刺すと少し生地が付いたので、オーブン庫内の余熱で10分ほど焼きました。

オーブンで焼く

焼き上がりです。

焼き上がり

きめ細かく焼けています。

チーズケーキの断面

しっとりしたベースも、チーズケーキによく合っています。

土台もしっとり

以前のモッチリ感がなくなり、チーズケーキらしい食感になりました。

チーズケーキらしい食感に

なめらかで濃厚で、とてもおいしいチーズケーキになりました。

濃厚でなめらかなチーズケーキ

f:id:uwano-sora:20201214191813p:plain
カミさん

わーい、最高においしいのが焼けた!


おしまい

以上、RASKASクリームチーズとメスティンで作るチーズケーキの改良版をカミさんが焼いた話でした。

薄力粉の割合を減らしたせいか、濃厚だけどあっさりしたチーズケーキらしい食感が実現出来ました。漉し器を通してきめ細かい生地を作ったのが良かったかも知れません。

f:id:uwano-sora:20201027182159p:plain
sora

この形のチーズケーキとしては完璧かな!