sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

パソコンでテレビを見るために格安キャプチャーボードを導入しました

この度、格安のキャプチャーボードを購入し、パソコンでのテレビ/ビデオ視聴環境が実現できたので紹介します。

パソコンでテレビ/ビデオを視聴したい

筆者のパソコン部屋にはデスクトップPC・PCモニタとテレビ・HDDレコーダがあり、パソコンを使いながらテレビ/ビデオを見ることが出来ました。

かつての筆者のパソコン部屋の構成

しかし、テレビをNintendo Switch/リングフィットアドベンチャー専用にするため別の部屋に移したため、デスクトップPCのPCモニタにHDDレコーダをつないでテレビ/ビデオを見ることになりました。このため、パソコンとテレビ/ビデオを同時に使うことができなくなってしまいました。

その後の筆者のパソコン部屋の構成

そこで、デスクトップPCにキャプチャーボードを接続し、パソコン上でテレビ/ビデオ画面を表示させることを考えました。

筆者のパソコン部屋の構成の改良

キャプチャーボードとは、テレビ/ビデオ/ゲーム機などの映像・音声をパソコンに取り込むための周辺機器のことです。

高いものは数万円しますが、高機能は必要ないので、アマゾンで2,000円ちょっとで売っていたChilisonというブランドの「HDMI キャプチャーボード」を購入しました。

Chilisonの「HDMI キャプチャーボード」

送られてきたChilisonの「HDMI キャプチャーボード」は、コストを掛けない簡易的なパッケージに入っていて好感が持てるものでした。

Chilisonの「HDMI キャプチャーボード」の簡易パッケージ

もちろんMADE IN CHINAです。

Chilisonの「HDMI キャプチャーボード」の簡易パッケージ裏面

パッケージに入っていたのは、製品本体と小さな説明書1枚だけです。ドライバーやソフトも付属していませんが、オープンソフトの「OBS studio」を使った使用例の説明が載っていました。

パッケージ内容物

本体にはHDMI(メス)端子があり、一方はUSB Type-A(オス)端子がついた短いケーブルになっています。

Chilisonの「HDMI キャプチャーボード」本体

Chilisonの「HDMI キャプチャーボード」を設置

筆者のデスクトップPCはWindows10ですが、Chilisonの「HDMI キャプチャーボード」は特別なドライバーなど必要なく、USBポートに刺すだけですんなり認識してくれました。

HDMI入力映像は、フリーソフトの「VLC media player」で入力に「USB Video」を選択することで見ることが出来ましたが、Windows10標準ソフトの「カメラ」の方が操作がシンプルで映像も綺麗でした。

Windows10標準ソフトの「カメラ」でテレビを視聴

音声入力はモノラルになりますが、「デジタル オーディオ インターフェィス(USB Digital Audio)」を選択し、音量ミキサーを使って個別に音量調節することができます。

音量ミキサーを使って個別に音量調節可能

これでまたPCを使いながらテレビ/ビデオを見ることができるようになりました。

まとめ

以上、Chilisonの「HDMI キャプチャーボード」を使って、パソコンでテレビを写す環境を手に入れた話でした。

アマゾンで検索すると、Chilison以外にも中国製の格安キャプチャーボードがいくつかヒットします。

ゲームのビデオ配信などをしたい場合はもっと高機能なキャプチャーボードが必要だと思いますが、取り敢えずPC画面内でテレビを見たいだけなら、非常に安価で手軽なのでオススメです。

もちろん、テレビをつけながらのPC操作は、集中力が削がれるので良し悪しですが、テレビが別にあるよりはマシのような気もします…

Amazon 「キャプチャーボード」の検索結果