sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

DIME7月号付録「Qi対応ワイヤレス充電器」は10W高速充電!

2022年5月12日発売の雑誌DIME7月号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」です。

写真:DIME7月号と付録の「Qi対応ワイヤレス充電器」

DIME7月号付録「Qi対応ワイヤレス充電器」

今回の付録の箱は比較的小振りで軽かったです。

写真:DIME7月号付録「Qi対応ワイヤレス充電器」箱

「Qi」とはワイヤレス給電の国際標準規格で「チー」と読みます。中国語の「气(気)」から来ているらしい。iPhoneだとiPhone8以降がQiに対応していますね。

写真:DIME7月号付録「Qi対応ワイヤレス充電器」箱の裏

付録の内容物は充電器本体とUSBケーブル(A-MicroB)のみです。

写真:DIME7月号付録「Qi対応ワイヤレス充電器」の内容物

充電器本体の裏には滑り止めのゴムが5箇所に付けられています。

写真:DIME7月号付録「Qi対応ワイヤレス充電器」の裏

USBポート(MicroB)は後ろの側面にあります。

写真:DIME7月号付録「Qi対応ワイヤレス充電器」のUSBポート

DIME7月号付録「Qi対応ワイヤレス充電器」とドコモワイヤレスチャージャーSH02

早速、筆者のiPhopneXを充電してみました。

写真:「Qi対応ワイヤレス充電器」でiPhoneXを充電

問題なく充電されています。充電中は青色LEDが点灯し、透明の樹脂を通して分かるようになっています。

写真:「Qi対応ワイヤレス充電器」充電中のLED点灯

筆者が自宅で使っているQi充電器「ドコモワイヤレスチャージャーSH02」と並べてみました。

写真:ドコモワイヤレスチャージャーSH02と「Qi対応ワイヤレス充電器」

SH02はスマホを置くと内部のコイルが動いて充電ポイントを探してくれます。それはそれで良くできていると思いますが、年代モノなので出力は5Wと非力です。

写真:ドコモワイヤレスチャージャーで充電

付録の充電器は可動部分のないシンプルなものですが、逆に静かなところが魅力です。しかも出力が10Wで高速充電が可能です。

写真:「Qi対応ワイヤレス充電器」で充電

この充電器なら小さくて軽いので、外出時や旅行に持っていく気になりますね。静かなので就寝中にも問題なく使えそうです。

写真:ドコモワイヤレスチャージャーSH02と「Qi対応ワイヤレス充電器」を重ねる

まとめ

以上、DIME7月号の特別付録「Qi対応ワイヤレス充電器」の紹介でした。

スマホを置くだけで充電できるQi充電はとても便利です。厚めのカバーを付けると反応しなくなるのが難ですが、便利さには代えがたいため、薄いケースで我慢するようになりました。(バンカーリングなども使えないのが辛いところですが…)

このQi充電器は軽くて静かだし、モバイルバッテリーも使えるので、持ち歩いてカフェなどでも活躍しそうです。