sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

何故か定期的に食べたくなる「とん汁・納豆ごはん」

筆者は定期的に食べたくなるのが「とん汁・納豆ごはん」です。特にオイリーなメニューが続くと無性に食べたくなります。

写真:「豚汁の具」と納豆

とん汁を作る

作るのは二人分なので、とん汁で使う野菜はスーパーで売っている具材セットを使うことが多いです。豚肉は冷凍の豚バラ肉、味噌はマルサンの「鮮度みそあわせ」です。

写真:とん汁の主な材料

今回使う「豚汁の具」には、加熱調理済の大根、ごぼう、人参、こんにゃくが入っています。

写真:「豚汁の具」のパッケージ裏

沸騰したお湯に豚バラ肉と「とん汁の具」、長ネギ、しめじを入れ、シマヤ「焼きあごだし」を加えて煮込みます。

写真:とん汁を煮込む

最後にだし入り味噌を入れて完成です。

写真:とん汁の出来上がり

納豆は最近のお気に入り、ミツカンの「金のつぶたまご醤油たれ」です。

写真:ミツカン金のつぶ「たまご醤油たれ」

「とん汁・納豆ごはん」を食べる

それでは「とん汁・納豆ごはん」を頂きます。

写真:「とん汁・納豆ごはん」

とん汁の味付けはだし入り味噌だけなのにとてもおいしいです。

写真:とん汁をひとくち

f:id:uwano-sora:20201027182219p:plain
sora

とん汁食べるとほっとするね!

そしてこの「たまご醤油たれ」は納豆と相性バツグンです。

写真:納豆ごはんをひとくち

f:id:uwano-sora:20201214191813p:plain
カミさん

このたれ、ホントに好きやわ!

おしまい

以上、定期的に食べたくなる「とん汁・納豆ごはん」の話でした。

筆者は納豆に付属しているたれは使わず、普通の醤油だけで食べるのが好きなのですが、ミツカンの「たまご醤油たれ」は例外的に好きな納豆たれです。

写真:「たまご醤油たれ」

以前紹介した焼き肉のタレで食べる納豆もそうでしたが、ミツカンの納豆は攻めてて好きですね。

Amazon 「水煮野菜」の売れ筋ランキング