sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

うな次郎(うなぎの蒲焼風蒲鉾)で作る玉子丼!「うな次郎玉子丼」

「うな次郎」を使って玉子丼「うな次郎玉子丼」を作ったらとてもおいしかったので紹介します。

写真:うな次郎

「うな次郎玉子丼」を作る

一正蒲鉾の「うな次郎」は魚のすり身で作ったうなぎの蒲焼き風の練り製品で、このまま丼にして食べてもおいしいのですが、今回は玉ねぎとを使って「うな次郎玉子丼」にしてみました。

材料は「うな次郎」1パック、卵1個、玉ねぎ1/2個です。カミさんは留守だったので今回は1人前です。

写真:「うな次郎玉子丼」の材料

くし切りにした玉ねぎを、「うな次郎」に付属しているタレ、めんつゆ(3倍濃縮/20ml)、水(60ml)を合わせたつゆで煮込みます。

写真:たれとめんつゆで玉ねぎを煮る

そこに食べやすい大きさにカットした「うな次郎」を加えます。

写真:うな次郎を加える

最後に溶き卵を回し入れて玉子とじにします。

写真:玉子とじにする

丼ご飯に乗せたら「うな次郎玉子丼」の完成です。

「うな次郎玉子丼」を食べる

それでは「うな次郎玉子丼」を頂きます。

写真:「うな次郎玉子丼」

これはもう文句ない味です。

写真:「うな次郎玉子丼」をひとくち

f:id:uwano-sora:20201027182143p:plain
sora

うん、これはウマいぞ!

もちろん「うな次郎」に付属の山椒を掛けてもおいしいです。

写真:山椒を掛けた「うな次郎玉子丼」をひとくち

個人的には紅生姜との相性が抜群だと思います。

写真:紅生姜と「うな次郎玉子丼」をひとくち

おしまい

以上、「うな次郎玉子丼」を作った話でした。

「うな次郎」は好き嫌いがあるかも知れませんが、玉子とじにすると間違いなく無敵のおいしさになります!(あくまでも個人の感想です)