sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

ダイソーのワッペンで穴の空いたジーンズを補修してみました

以前、穴が空いてしまったジーンズを補修したことがあるのですが、その補修した部分の近くにまた穴が空いてしまいました。

前回は補修クロスを裏に当てる方法で穴を塞いだのですが、今回はそれに加えて表側にワッペンを付けてみました。

ジーンズのダメージ状況

以前の補修についてはこちらの記事に書いています。

uwano-sora.com

補修から1年以上経過し、その補修部分の上にも穴が空いてしまいました。

補修した部分の上に穴の空いたジーンズ

今回の補修方法

もちろん今回も補修クロスを裏に当てて穴を塞ごうと思います。

何故この付近に穴が空くかというと、いつもこちら側のポケットに大きめのカードケースを入れているからなんですね。

従って前回裏地で補強した部分も、横糸がほつれてきて傷が拡大しかねない状況になっていました。

ジーンズの傷部分の拡大

そこで今回は裏地補強に加え、ワッペンで表側も補修することにしました。

ダメージが付いたジーンズが人気のようですが、今回は敢えて時代に逆らい、ダメージ部分を隠す形にします。 (本人はその先の時代を先取りしているつもり…)

補修用のワッペン

補修用として選んだのは、ダイソーで見つけたディズニーシリーズのワッペンです。

ダイソーのワッペン1

ジーンズにはこっちの方が良さそうでしたが、傷のサイズに合わないので断念。

ダイソーのワッペン2

これもアイロンで接着する方式ですが、すぐ剥がれそうだったので四隅を糸で縫い付けています。

ダイソーのワッペンでジーンズを補修

まとめ

全体のバランスはこんな感じ!

補修後のジーンズ

ちょっと恥ずかしい気がしないでもないですが、ミッキーならギリセーフかと…

適度にダメージ感もあり、履き慣れたジーンズなので、まだまだ頑張ってもらいます。