sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

6年の旅を終えた「はやぶさ2」がふるさとの地球へ戻ってきます!

f:id:uwano-sora:20201129194340j:plain

いよいよ2020年12月6日(日)の未明に、「はやぶさ2」が地球に戻ってきます。

日本中の人々が感動した初代「はやぶさ」の帰還から10年、いよいよ二代目帰還のときが迫ってきました。

但し今回の帰還は初代とは異なり、小惑星のサンプルを収納したカプセルだけが大気圏に突入します。

JAXAでは、12月4日にカプセル回収前の記者会見、12月5日にカプセル分離、そして12月6日にカプセル着陸、カプセル回収後記者会見と、YouTubeで実況中継を配信する予定です。

fanfun.jaxa.jp

f:id:uwano-sora:20201027182148p:plain
sora

日本にとって今年最大の宇宙イベントを、見逃さないようにしましょう!

初代「はやぶさ」のおさらい

小惑星探査機「はやぶさ」は2003年5月9日に打ち上げられ、2005年11月に小惑星「イトカワ」に着陸し、表面物質のサンプルを収めたカプセルを持って2010年6月13日に地球へ帰還しました。

月以外の天体からのサンプルリターンは世界初の快挙でしたが、その数々の成果にも増して、7年間、60億キロにも及ぶ苦難の連続の旅のドラマが多くの人の心を打ち、後に映画も作成されました。

ボロボロになって地球に帰還したはやぶさの本体は、カプセルを切り離した後、大気圏で燃え尽きました。オーストラリアのウーメラ砂漠に落下する様子を捉えた映像は、涙なくしては見られませんでしたね。

youtu.be

「はやぶさ2」のミッション

小惑星探査機「はやぶさ」の後継機「はやぶさ2」の目的は、小惑星「リュウグウ(Ryugu)」の探査と、収集したサンプルを持ち帰ることです。

「はやぶさ2」は2014年12月3日に打ち上げられ、2018年6月に小惑星に到着。小型の着陸機やローバによる観測、人工クレータの作成や2回の着陸による小惑星表面及び小惑星内部(史上初!)の物質のサンプル採集などを行い、2019年11月に小惑星を出発しました。

初代「はやぶさ」に比べると安定した飛行と運用でミッションが遂行され、かなり余裕のある状態で地球に戻ってきました。

「はやぶさ2」のカプセルは、地球から22万キロ(月までの距離の半分くらい)の地点で本体から切り離され、大気圏に突入して初代と同じオーストラリアのウーメラ砂漠に帰還します。

「はやぶさ2」のカプセル回収体制

「はやぶさ2」のカプセルの落下地点を特定するため、何重もの追跡方法が準備されています。

①ビーコン受信

着地予想エリアの周囲にアンテナを5局設置し、カプセルが発信する電波(ビーコン)を受信して大まかな位置を特定し、ビーコン受信機を備えたヘリコプターで捜索します。

②マリンレーダー

何らかのトラブルでビーコンが発信されないことを想定して、バックアップの探索手段としてマリンレーダーも4局配置しています。

アンテナから電波を発射し、カプセルのパラシュートによる反射波をとらえることにより位置を特定します。

③光学観測

何らかのトラブルでパラシュートが開かない場合は、光学観測に頼ることになります。

カプセルが大気圏に突入するときの発光を、複数の地点から光学観測して軌道を計算し、落下地点を特定します。

但し曇っていると地上から観測できない可能性があるので、航空機による観測も行います。

④写真解析

それでも見つからない場合、最終的にはドローンによる探索を実施します。

プログラムにより落下予想地点をくまなく撮影し、画像解析により落下地点を探し出します。

そして「はやぶさ2」は次の旅へ

一方、カプセルを切り離した時点でミッションを完了した「はやぶさ2」本体は、大気圏突入コースを離れ、新たに追加されたミッションを遂行するため、再び宇宙に飛び立つ予定です。

追加されたミッションは「拡張ミッション」と呼ばれ、新たな目的地は小惑星「1998 KY26」に決まりました。

小惑星「1998 KY26」は直径わずか30mしかない微小天体で、自転時間が約10分という超高速自転天体でもあります。

また、このミッションは10年を超える長期間のもので、その間様々な試みを行いながら旅を続けることになります。

f:id:uwano-sora:20201027193904p:plain
カミさん

がんばれ、はやぶさ2!