ハワイ旅行2018 現地編(8) 6日目:最終日の朝はキャラクター・ブレックファストでマハロ!

いよいよ最終日です。

朝は、予約してあったマカヒキでビュッフェです。

開店時間の7時で予約していたのですが、入店前にディズニーキャラクターとの記念撮影があり、これが結構並んで時間が掛かると聞いていたので、早めにレストランにいきました。

f:id:uwano-sora:20180811132116j:plain

開店まで1時間近くあり、早すぎて誰もいなかったので、どこに並んでいいか分かりませんでしたが、レストランの受付ブース前の柱付近にいると、自然に後ろに列ができていました。ちなみに並んでいたのはほとんどが日本人ファミリーでした。

受付ブースにスタッフが入り受付スタート。印刷しておいたバウチャーを提示すると、受付の外にあるベンチに案内され、ここで待つように言われます。この一角で記念写真を撮るようです。

f:id:uwano-sora:20180811155401j:plain

やがてミッキーとハワイアンの女性歌手が現れ、一緒に記念撮影が始まりした。撮影が終わるとレストランのテーブルに案内されます。 ここはビュッフェスタイルですが、昨晩は料理を沢山取り過ぎて大変だったので、朝はちょっと控えめにしました。ミッキーの形をしたワッフルは思わず二つ取ってしまったけど。^_^;

f:id:uwano-sora:20180811132200j:plain

やがてキャラクター達が現れ、各テーブルを回ってきます。我々のテーブルにはまずグーフィーがやってきてくれました。客を適当にいじってくれ、サービス精神旺盛で面白い奴ですね。ミニーもやってきました。こちらは控えめで女の子らしい仕草がかわいかったです。

食事中に、入店時に撮影した写真の販売にスタッフがやってきました。最後なので記念にとCDにしてもらいましたが、茶封筒に入ったホワイトレーベルのままのCDでした。^_^;;;

f:id:uwano-sora:20180813051924j:plain

食事も済み、そろそろ帰ろうかと思っていたら、再度グーフィーがやってきてくれました。いっぱい食べたかと確認しているようだったので、満腹の仕草をすると満足そうにうなづいて去って行きました。なんていい奴なんだろう。

朝食が終わると、あとはチェックアウトして空港に向かうだけ。まだちょっと時間があったので、まだ行っていなかった海の方に行ってみました。

ホテルエリアの前に広がる浜辺はこじんまりとしたプライベートビーチ風。但しハワイにはプライベートビーチはなく、誰でも入って来れるので、ホテルエリアとの境にはゲートが設けられていました。

まだ9時前なので浜辺は人がまばらでいい感じでした。時間があればスタンディングボードに挑戦してみたかったところです。

f:id:uwano-sora:20180811132301j:plain

チェックアウト後、駐車場から出るときにルームキーでゲートが開かないというトラブルがありました。車をバックさせて、急いでかみさんにフロントに行ってもらい、ルームキーを再設定してもらったのですが、再度試してもやはりゲートが反応しませんでした。出口の手前にある宿泊者用のルームキーをかざす端末にはコールボタンがなかったのですが、少し先にある一般用のチケット端末の方にコールボタンを見つけ、そこまで前進してボタンを押しました。スタッフが応答してルームナンバーと名前を聞かれたので答えると、すぐにゲートを開けてくれました。やれやれ、最初からこうすれば良かった。

昨心配した空港への道は渋滞もなく順調に空港に到着。

初日に間違えて入ってしまった返却場へ車を入れ、スタッフに車を引き渡します。ハンディマシンから出たレシートをくれ、あっという間に手続きが完了しました。

JALのチェックインカウンターは返却場から道路を渡ったところのターミナルビルの二階にあります。カウンターで荷物を預け、チェックインすると、1人30ドル分のクーポン券をくれました。これはプレミアムエコノミークラスのさくらラウンジ利用を制限しているため、代わりに提供しているサービスで、指定された空港内の売店で使えます。

JAL – 【お詫び・ご案内】ダニエル.K.イノウエ国際空港におけるプレミアムエコノミークラスご利用のお客さまへのラウンジサービス(一部変更)について

ほとんどの売店は保安検査を済ませた後の出国エリアにあります。売店は多くはありませんが、クーポンは屋台みたいな売店以外はほとんどの店で使えるようです。クーポンを利用して最後のお土産を買うと、あとは搭乗を待つだけ。

f:id:uwano-sora:20180811132337j:plain

楽しかったハワイ旅行もあっと言う間に終わり、後ろ髪をひかれつつも、無事帰国の途についたのでした。Me ka mahalo!

[おしまい]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です