sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

2008年夫婦ハワイ旅行~準備編?

《まえがき》

2008年10月に初めてハワイ旅行に行きました。 そのときの記録は当時開設していたホームページに載せていたのですが、そのホームページは既にありません。今回久し振りにブログを再開したので、ほぼそのまま転載します。

もちろん10年前の話のため、状況はかなり変化していると思われますのでご注意願います。

(2018.8.31)


(1)ツアー予約 我々夫婦にとって初めてのハワイ旅行は、諸事情により、燃油サーチャージ高騰のほぼピークに近い2008年10月初旬に決定した。 仕事やプライベートの計画を調整するため、6月には日程を決めて旅行代理店に申し込みをした。 旅行代理店はJTBさんにお願いすることにしていたが、早めの予約なので格安パックの類いはまだ発売されていなかった。限られた予算内で、ホテルのランクを落すか、泊数を減らすか悩んだ結果、オハナ・ワイキキ・ビーチコマーに6泊するフリープランに落ち着いた。ホテルの決め手は、ワイキキ繁華街のど真ん中という立地の良さ、ネットなどでの評判などだったが、後に判明する工事がこの時点ではっきりしていたら別のホテルにしていたかも知れない。 それから航空会社はノースウェストにした。日系に比べてリーズナブルだし、サーチャージも安い。それに座席をネットで事前に確認、変更できるということもポイントだった。ちなみにノースウェストのマイレージは無期限なので、10年前に乗ったときのマイルがまだ3万マイル弱残っていた。あまり飛行機は利用しない身にとって、無期限というのはそれだけでありがたいものだ。もっとも今のところマイレージを利用する予定も、貯める目標もないのだが。

f:id:uwano-sora:20180830203535p:plain

f:id:uwano-sora:20180830203615p:plain

f:id:uwano-sora:20180830203639p:plain

(2)スケジュール検討 さて、基本日程が決まったら、次は毎日のスケジュールや、何を持って行くかなど、あーだこーだ細かく検討することになるのだが、これがまた楽しい。 まずは滞在中、どこに行って何をするかだが、初めてのハワイなので、オアフ島に絞ることはホテルを選ぶ時に決めていた。 また、マリンスポーツやゴルフなどアクティブに遊ぶ気もないので、観光とショッピング、食事などが中心になる。旅行ガイドの類をいくつか購入して何度もながめているうちに、ワイキキ周辺を中心とした、いわゆる観光スポットや定番のショップ、レストランなどの名前は、ほとんど頭の中に入ってしまった。 そして最終的に以下のようなスケジュールを組んだ。 一日目(土)夜成田発 二日目(土)朝ホノルル着~アロハタワー~ホテルチェックイン~ワイキキ散策~ピカケテラスで夕食 三日目(日)朝からサークルアイランドツアー~夕食は適当に 四日目(月)ワイキキ散策~午後からポリネシアカルチャーセンターツアー(夕食バイキング付き) 五日目(火)アロハタワー牧の茶屋で早めの昼食~JTBバスツアー~アラモアナショッピングセンターで夕食 六日目(水)ダイアモンドヘッド登山~アラモアナ周辺でショッピング~>チーズケーキファクトリーで夕食 七日目(木)ウォールマートでショッピング~田中オブ東京で夕食 八日目(金/土)午前ホノルル発~午後成田着

興味を持ったものの今回はあきらめたスポットは以下の通り。次回(があれば)のお楽しみ。 《観光》 ・ビショップミュージアム ・カラカウア宮殿 ・ハナウマベイ ・潜水艦 《買物》 ・ワイケレアウトレットモール 《食事》 ・エッグスンシングス ・ハウツリーラナイ ・ノースショアのエビ、フリフリチキン

移動手段はレンタカーも考えたが、今回はJTBツアー専用の「オリオリトロリー」が乗り放題で使えるし、ワイキキは駐車場が高そうなので却下した。次に行くときまで、ドライブはお預けだ。

(3)旅行グッズ 新婚旅行でニュージーランドに行った時に使ったスーツケースは、二人とも既に壊れて捨ててしまっていたので、TSAロック付きのスーツケースを新調することになった。 過去の経験から帰りの土産を考慮してなるべく容量の大きく、しかも軽量のものを探した結果、東急ハンズで見つけた「TITAN」という大きさの割にえらく軽いものにした。カタログ値は95Lで4.9kg。 カミさんのは、少し小さめのものをイトーヨーカドーで購入。こちらはデザイン重視で、キャスターのロック機能も気に入ったようだ。 グッズとして大物のスーツケースが片付くと、あとは小物の検討だが、特に時間を掛けて検討したのがショルダーバッグだろうか。そんなものはいつも使っているものを持って行けばいいように思うかもしれないが、気合をいれた海外旅行だとそうはならないのだ。 機内持込み用と、外出時の持ち歩き用を兼ねるので、そこそこの容量があって、収納ポケットも沢山あって、しかもスーツケースのキャリーバーに簡単に取り付けられるものを条件として探すと、なかなか気に入ったものが見つからない。 バッグ屋さんやデパート、スーパーのバッグ売場などを捜し回ったが、条件に合ってデザインとしても気に入ったものが見つかったのは結局JTBの旅行グッズ売場だった。さすがJTBさん、よく考えられた品揃えだ。 その他、今回の旅行のために買ったものは、 ・電池式シェーバー(普段はT字かみそり派だが機内持込み用として) ・財布(ドル専用として) ・サングラス(普段は使わないので持っていなかった) くらいか。 そういえば、旅行に持って行く軽いノートPCが時代物しかなかったので、話題のネットブックEeePC-901Xも買ってしまったが、これは旅行用品ではないわな・・・

(4)旅行保険 海外旅行といえば旅行障害保険をどうするか、毎回悩むところだ。今回は時間があったので色々調べてみた。 まず、クレジットカード付帯の保険の状況を洗い出した。 クレジットカードは増え過ぎて一度整理したのだが、いつのまにかまた増えてしまって、結構な数のカードを保有している。その中で海外旅行保険が自動付帯するものは以下だった。特に傷病時保障額を重視した。

三井住友Visaゴールド 150万円 UCゴールド 300万円 Diners 200万円 ビックカメラViewSuica 50万円 ORICO 200万円

行く場所にもよるが、アメリカの場合は医療費がとても高いので、医療保障が薄いとリスクが大きい。医療保障の場合は複数のカードの保障分を合計できる。私の場合は合計すると900万円だ。但し、いざとなった時のサポートや、請求手続きを考えると、しっかり頼りになる保障が欲しいところだ。 そこで、旅行代理店で勧められた旅行保険よりかなりリーズナブルだったネットで申し込む保険にした。三井住友Visaのサイトからリンクされている三井住友海上の「ネットde保険@とらべる」だ。 基本契約にプラスして好きな種類の保険を追加できるので、医療保険を1千万円入った。ハワイ8日間夫婦で5千円でおつりがきたので、安心料としては安いものだ。ちなみに、二回目からは5%引きになるようだ。

(5)その他の予約 ほぼスケジュールが決まったので、最後にオプショナルツアーとレストランを予約した。もちろん、現地に行ってからでも大丈夫と思うが、できることは事前にやっておきたい。 オプショナルツアーもいろいろ種類があって迷うが、内容と信頼性を考慮してJTBのサイトから予約した。これについては後でちょっと後悔したのだが、それは旅行編で。 予約したのは、サークルアイランドツアーという、オアフ島一周ツアーと、ポリネシアカルチャーセンターのツアーの二つ。 サークルアイランドツアーは、日立の樹がある公園とか、クアロア牧場での映画ロケ地バスツアー、ハレイワ散策、ドールプランテーションなどをセットにしたツアーで、朝ワイキキを出て夕方戻る一日ツアーだ。初めてのハワイということで、このツアーを二日目に設定した。ポリネシアカルチャーセンターを組み合わせたものもあったが、朝から夜遅くまでの強行軍だったし、クアロア牧場が入っていないので却下した。 ポリネシアカルチャーセンターのツアーは、スタンダード、デラックス、スーパーアンバサダーとランクが選べる。違いは、イブニングショーの席が、後ろの方か、真ん中あたりか、前の方か。それとガイドが約30人に一人か、約15人にひとりか、グループ専属で付くか、といったところ。ここは迷わず真ん中のデラックスにした。 以上で準備完了。成田までのリムジンバスを予約して、いざ出発!!