sora’s 早起きノート

日常と世の中の動きの隙間ウォッチ

Surface Go用にブルートゥースキーボードを購入した理由

先日、Surface Go用にブルートゥースキーボードを購入しました。

Surface Goを購入したのは1年半以上前で、同時に純正のキーボードカバーも買っていました。

そこで、今更、新たな外付けキーボードが必要になった理由について書きたいと思います。

Surface Go用に新たな外付けキーボードを購入した理由

筆者はときどきSurface Goでお絵かきを楽しんでいるのですが、お絵かきモードではキーボードカバーが邪魔になります。

Surface Goのお絵かきモードではキーボードカバーは邪魔

但し、純正のキーボードカバーはワイヤレスではないので、外すとキーボードとして使えません。

お絵かきではキーボードショートカットを頻繁に使うので、今まで主にiOS用に使っていたiCleverのブルートゥースキーボードを繋いで使っていました。

iCleverキーボード

キーボードショートカットを使う分にはこれで問題ないのですが、文字を入力する場合に、これでは不都合があります。

というのも、筆者はかな入力派なので、普段キーボードカバーを使っているときはかな入力に設定しています。

ところがiCleverのキーボードはかな入力に対応していないため、キーボードを切り替えるときに、同時に入力モードもローマ字入力に切り替える必要があり、とても面倒でした。

そこで、かな入力に対応したブルートゥースキーボードが欲しくなったというのが、新たにキーボードを購入した理由です。

Ewinのかな入力対応ブルートゥースキーボード

キーボード購入にあたり、具体的には、

  • ブルートゥース対応
  • かな入力対応
  • iOS/Android/Windows対応
  • マルチペアリング対応
  • 小型軽量


をポイントに選択した結果、Ewinのキーボードに行き着きました。

Ewinのキーボード商品パッケージの表

この製品、型番が良く分かりません。

Ewinのキーボード商品パッケージの裏

見た目はこんな感じ。

Ewinのキーボード

製品の裏にあるシールには「型番:EW-B009」とありました。

Ewinのキーボードの裏のシール

価格は2000円程度と安価でした。

お絵かきモードでの外部キーボードとして

筆者がSurface Goでお絵かきするときはこんな感じの配置にします。

Surface Goのお絵かきモードとEwinキーボード

お絵かきモードでのキーボードはもっぱらショートカット用で、テキスト入力はたまにしか使いません。

しかし、このEwinのキーボード、実は純正のキーボードカバーよりもキーが打ちやすかったりします。

日本語キーボードなら通常右上に配置されている[¥][|][-]キーが、左下に移動している変則的な配列になっているのが難ですが、これも慣れだと思いますので、現在は純正のキーボードカバーに取って代わり、Surface Goのメインキーボードとなっています。

まとめ

このキーボードは裏側に段差があるので、使わないときはSurface Goのディスプレイに引っかけておくことが出来ます。

Surface GoとEwinキーボードの使わないとき

これだとすぐに使う態勢に入れますので、キーボードカバーよりも機動力があがったように感じます。

なお、このキーボード、実はiOSでのかな入力にも対応しています。

アップル純正以外でかな入力に対応している外付けキーボードは貴重だと思いますので、かな入力派の方は注目だと思います。

これについては別の記事を書いていますので、感心ある方は覗いてみて下さい。

sorabase.com