sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

横浜名物!崎陽軒の「シウマイ弁当」と楽陽食品の「チルドシウマイ」

横浜の駅弁と言えば、崎陽軒の「シウマイ弁当」が有名だと思います。横浜名物のシウマイと、鮪の漬け焼、蒲鉾、鶏の唐揚げ、玉子焼き、筍煮などが入ったお弁当です。

筆者もこの「シウマイ弁当」が大好きで、駅で買って家に帰って食べることも多いです。

ということで、先日も新横浜に行ったついでに、崎陽軒の「シウマイ弁当」を買ってきました。

写真:崎陽軒「シウマイ弁当」パッケージ

崎陽軒の「シウマイ弁当」

こちらが崎陽軒の「シウマイ弁当」です。昔ながらの掛け紙を紐で結んだパッケージがいいですね。

写真:崎陽軒「シウマイ弁当」パッケージサイド

箱も蓋も天然木を使ったものが使われています。角を丸くした凝った作りです。

写真:崎陽軒「シウマイ弁当」の中

豚肉とホタテ貝柱を使ったひとくちサイズのシウマイは、しっかりとした食感があり、冷めていてもおいしいです。

写真:崎陽軒「シウマイ弁当」のシウマイ

シウマイの次に筆者が好きなのは、この筍煮です。

写真:崎陽軒「シウマイ弁当」の筍煮

f:id:uwano-sora:20201027182138p:plain
sora

甘辛い味とシャキシャキした食感が好き!

そして意外と好きなのが、この鮪の漬け焼です。鮪の旨味と適度な塩味でご飯が進みます。(この俵型のご飯がまた冷めてもおいしい)

写真:崎陽軒「シウマイ弁当」の鮪の漬け焼

ということで、崎陽軒の「シウマイ弁当」は冷めてもおいしい駅弁の代表だと思います。

というか、そらまめさんがブログで書いておられましたが、筆者も冷めたご飯が好きです。

sorasora33.hatenablog.com

楽陽食品の「チルドシウマイ」

ところで焼売を「シウマイ」と表記することは崎陽軒が始めたようですが、「シウマイ」の文字列は登録商標になっておらず、一般的に使われているようです。

筆者が好きな楽陽食品の「チルドシウマイ」もそのひとつです。「シウマイ」つながりでそちらの紹介も…

写真:楽陽食品「チルドシウマイ」パッケージ

楽陽食品の「チルドシウマイ」はスーパーで気軽に買え、12個入で100円前後と、とってもリーズナブルな価格なのも魅力です。

写真:楽陽食品「チルドシウマイ」パッケージ裏

トレーに入ったまま電子レンジで温められるので楽だったりします。

写真:楽陽食品「チルドシウマイ」の中

おかずのメインでもサブでもいける、ユーティリティプレーヤーですかね。

写真:楽陽食品「チルドシウマイ」とご飯

崎陽軒のシウマイに比べて、フワフワでジューシーな旨味が特徴です。

f:id:uwano-sora:20201214191939p:plain
カミさん

柔らかくて普通においしい!

写真:楽陽食品「チルドシウマイ」にからし

塩ウニを付けてみました。クセのない味なので、色々な食べ方が可能です。

写真:楽陽食品「チルドシウマイ」に塩ウニ

おしまい

以上、崎陽軒の「シウマイ弁当」と楽陽食品の「チルドシウマイ」の話でした。

ちなみに崎陽軒で「シウマイ」も買ってきたので、楽陽食品の「チルドシウマイ」とパッケージを比べてみました。

写真:崎陽軒の「シウマイ」と楽陽食品の「チルドシウマイ」

まあ、似ていると言えば似ていますが、売っている場所も値段も違うので、間違えることはないでしょう。消費者としてはおいしいものが色々選べるのは大歓迎です。(崎陽軒はスーパーでの販売から撤退しています)

Amazon 「シウマイ」の検索結果