sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

シーチキンと大根を煮込んだ「ツナ大根」はお茶漬けにもピッタリ!

先日、久世福商店の「大人のつなつなめんたい」や奥信濃味麓庵の「明太子入りツナ」の話を書きましたが、もうひとつ、最近ハマっているツナを使ったご飯のお供「ツナ大根」を紹介します。

写真:大根、人参、シーチキン

基本はシーチキンと大根を甘辛く煮込んだものですが、人参など余った野菜を一緒に煮込んでもおいしいと思います。

「ツナ大根」を作る

大根と人参は食べやすい大きさにカットし、電子レンジでチンしておきます。

写真:カットした人参と大根

水200mlに、みりん(大1)、醤油(大1)、白だし(大1/2)を加え、野菜とシーチキン(オイルごと)を入れて煮込みます。

写真:煮汁に人参、大根、シーチキン

20分位煮込んだら火を消してしばらく置いておくことで、野菜に味がしみ込んでおいしくなります。

写真:「ツナ大根」の出来上がり

「ツナ大根」を食べる

それでは「ツナ大根」を頂きます。

写真:「ツナ大根」

ツナと大根に味がしみ込んで、とてもおいしいです。

写真:「ツナ大根」をひとくち

カミさん

ご飯が進む味!

人参も柔らかくてたまりません

写真:「ツナ大根」をもうひとくち

醤油を多めにして濃い味付けにしているので、お茶漬けにもピッタリです。

写真:「ツナ大根」とお茶漬け

sora

味がしみた大根はお茶漬けに最高!

おしまい

以上、最近ハマっている「ツナ大根」の話でした。

筆者は野菜のお煮付けが大好きなのですが、いつも大量にできてしまうのが難点です。

特に味がしみ込んだ大根が好きなので、少量でもピンポイントで簡単に作れる「ツナ大根」は最近のお気に入りのメニューになりました。

Amazon 「魚介の缶詰・瓶詰」の売れ筋ランキング