sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

フワフワでおいしい!メスティン型で台湾カステラを作ってみました

以前、スーパーで買った「台湾カステラ」がフワフワでとても気に入りました。

スーパーで買った「台湾カステラ」のパッケージ

たっぷり挟んであるホイップクリームも甘くておいしいのですが…

スーパーで買った「台湾カステラ」

なんといってもフワフワなカステラの食感に感激しました。

フワフワなカステラの食感に感激

そこで、自宅でもカステラを焼いてみることに…

フワフワの台湾カステラを焼くのは難易度が高そうですが、カミさんが挑戦しました。

f:id:uwano-sora:20201214192013p:plain
カミさん

がんばって作る!


メスティン型を使った台湾カステラの材料

実はかなり試行錯誤したのですが、最終的にうまく焼けるようになったメスティン型用台湾カステラの材料はこちらです。

メスティン型用台湾カステラの材料
  • 卵 2個
  • 薄力粉 35g
  • 砂糖 35g
  • 牛乳 30ml
  • サラダ油 30ml
  • ハチミツ 10ml
  • バニラエッセンス 数滴
※予熱したオーブン150℃で湯煎35分

メスティン型で台湾カステラを焼く

卵は卵黄と卵白に分け、卵白は冷蔵庫で冷やしておきます。

まずはレンチンして温めたサラダ油に薄力粉を漉しながら加え、ダマにならないように混ぜます。これにレンチンした牛乳、卵黄、ハチミツ、バニラエッセンスを混ぜ合わせて生地を作ります。

サラダ油、薄力粉、、牛乳、卵黄、ハチミツ、バニラエッセンスを混ぜ合わせた生地

卵白を冷蔵庫から取り出し、砂糖を少しずつ加えながらをハンドミキサーで泡立てます。

卵白に砂糖加えながら泡立てる

このくらいのメレンゲができたらOK。

メレンゲの完成

先程作った生地にメレンゲを少しなじませて…

生地にメレンゲを少しなじませる

メレンゲと生地を合わせます。

メレンゲと生地を合わせる

滑らかになるまで混ぜます。

生地が滑らかになるまで混ぜる

できた生地を、キッチンペーパーを敷いたメスティンに流し込みます。

生地をメスティンに流し込む

天板に60℃くらいのお湯を張ってメスティンを入れ、150℃に予熱したオーブンで35分ほど焼きます。(天板に直にお湯を張るとこぼしやすいので、別途バットを使用しました)

メスティンをオーブンで湯煎焼きする

焼き上がりました。

焼き上がり

オーブンから取り出すとすぐに縮んでしまうのが問題でしたが、何とかふっくら焼けました。

ふっくら焼けた

下の写真のように、何度も挑戦しましたが、ようやくまともに焼けました。

失敗したときの写真

メスティン型で焼いた台湾カステラを食べる

一応、きめ細かいふわふわのカステラになっています。

焼き上がった台湾カステラの断面

f:id:uwano-sora:20201027182159p:plain
sora

ふんわり甘くておいしい!


ふわふわでおいしい

やっぱり台湾カステラにはクリームが良く合います。

クリームを挟んだ台湾カステラ

おしまい

以上、メスティン型で台湾カステラを焼いた話でした。

あんまり焼きすぎて、最後の方はちょっと飽きてしまいましたが、フワフワでおいしかったです。

ちなみに上手く焼けなかったものも、食べれば皆おいしかった…

f:id:uwano-sora:20201214192108p:plain
カミさん

次は何を焼こうかな…