sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

超甘い!鳥取県産の梨「新甘泉(しんかんせん)」をいただきました!

鳥取県産の「新甘泉(しんかんせん)」という梨をいただきました。

写真:鳥取産の梨「新甘泉(しんかんせん)」パッケージ

鳥取産の梨「新甘泉(しんかんせん)」

「新甘泉」は鳥取県で開発された梨のオリジナル品種。「筑水」と「おさ二十世紀」を掛け合わせたもので、高い糖度とシャリシャリした食感を持っているそうです。

写真:鳥取産の梨「新甘泉(しんかんせん)」ラベル

いただいた「新甘泉」は結構大ぶりの梨です。

写真:「新甘泉」と手

直径は約10cmでした。

写真:「新甘泉」のサイズ

重さは522gと526gありました。

写真:「新甘泉」の重さ

ちなみにこちらは地元横浜のブランド梨「浜なし」のLサイズです。品種は複数ありますが、今の時期は「豊水」になります。

写真:「浜なし(豊水)」Lサイズ

「豊水」のLサイズはいただいた「新甘泉」よりも僅かに小さく、直径で若干10cmを切る位です。

写真:「豊水」のサイズ

「豊水」Lサイズの重さは410gから490gの間でした。

写真:「豊水」の重さ

「豊水」と「新甘泉」を比べるとこんな感じです。素人目にはほとんど判別が付きません。

写真:「豊水」と「新甘泉」の比較

「新甘泉」を食べる

「豊水」と「新甘泉」をむいてみました。中は「豊水」の方が白っぽいです。

写真:「豊水」と「新甘泉」

ますば食べ慣れている「豊水」の方です。甘くて瑞々しくて、文句なくおいしいです。

写真:「豊水」をひとくち

sora

やっぱりおいしいなぁ!

「新甘泉」の方は、半端なく甘いです。食感もシャキシャキしていて、比較的ソフトな「豊水」とは明らかに歯ごたえが異なります。

写真:「新甘泉」をひとくち

カミさん

わぁっ、すごく甘い!

おしまい

以上、鳥取県産の梨「新甘泉(しんかんせん)」と「浜なし」の「豊水」を食べ比べてみた話でした。

「豊水」は甘さとわずかな酸味のバランスが良く、水分が多くてジューシーなのに対して、「新甘泉」は糖度が高くて酸味がほとんどなく、シャキシャキした食感が魅力でした。どちらもとてもおいしい梨だと思います。

「新甘泉」は品種の名前ですが、今のところ鳥取県内でしか栽培されていないようです。とてもおいしい品種なので、ぜひもっと広まってもらいたいと思います。

Amazon 「なし」の売れ筋ランキング