sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

親子がゆ(消化の良い食べ物シリーズ)

引き続き、消化の良い食べ物シリーズ。今日は「親子がゆ」です。

大好きな親子丼の消化の良いバージョンとして、玉ねぎを抜いて鶏肉はサラダチキンにして、ご飯はお粥にしました。

「親子がゆ」を作る

「親子がゆ」の材料です。冷凍しておいたご飯80gに、プレーンのサラダチキンと卵だけです。めんつゆと砂糖で味付けします。

写真:「親子がゆ」の材料

冷凍しておいたご飯は電子レンジで解凍し、200mlの水だけでプレーンなお粥を作ります。

写真:おかゆを作る

サラダチキンは食べやすいサイズにカットしますが、筆者は薄くスライスするのが好みです。

写真:薄くスライスしたサラダチキン

めんつゆ(3倍濃縮30ml+水60ml)に砂糖(小さじ2杯くらい)を入れた調味液でカットしたサラダチキンを煮込みます。調味液は使うめんつゆで味が変わるので味見して調整しましょう。

写真:めんつゆでサラダチキンを煮る

溶き卵を回しかけて半熟になったところで火を止めます。

写真:卵とじにする

あとはおかゆの上に乗せれば出来上がりです。

「親子がゆ」を食べる

それでは「親子がゆ」を頂きます。

写真:完成した「親子がゆ」

濃いめの味付けがうれしいです。

写真:「親子がゆ」をひとくち

f:id:uwano-sora:20201027182204p:plain
sora

うまい!味は親子丼そのもの!

写真:「親子がゆ」をもうひとくち

おしまい

以上、消化の良い「親子がゆ」を作った話でした。

大腸ポリープ切除後1週間はこんな感じの消化の良い食べ物で辛抱です。

やはり玉ねぎがないと食感的に寂しいのですが、味は親子丼だったのでかなり満足しました。