sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

野永シェフの「絶品生姜焼き」を業スーの「姜葱醤」で作ってみました

「日本橋ゆかり」三代目にして料理の鉄人、野永喜三夫シェフが公開している絶品生姜焼きを作ってみました。

今回は大好きな業務スーパーの「姜葱醤」を、すりおろし生姜の代わりに使ってみました。

業務スーパーの「姜葱醤」

野永シェフの「絶品生姜焼き」を作る

主な材料は、豚バラ肉300gとすりおろし生姜(今回は「姜葱醤」)20g、玉ねぎ1/2(今回は小さい玉ねぎなので1個)です。豚バラ肉は食べやすい大きさにカットしてあります。あとはめんつゆと水だけ。

「絶品生姜焼き」の主な材料

フライパンに2倍濃縮のめんつゆ大さじ6と水大さじ3、「姜葱醤」を入れてタレを作ります。

フライパンでタレを作る

フライパンの火を付ける前に豚バラ肉と扇型に切った玉ねぎを入れ、タレを染み込ませます。

豚バラ肉と玉ねぎにタレを染み込ませる

タレが馴染んだら、中火でゆっくり煮込みます。

中火でゆっくり煮込む

水気が少なくなり、パチパチという音になって焼け始めたらOKです。

焼け始めたらOK

野永シェフの「絶品生姜焼き」を食べる

キャベツの千切りを添えて「絶品生姜焼き」の出来上がりです。

「絶品生姜焼き」の出来上がり

肉が柔らかく、味も染みていて、とてもおいしいです。

「絶品生姜焼き」をひとくち

f:id:uwano-sora:20201027182240p:plain
sora

超ご飯が進むヤツだ!


キャベツの千切りとの相性も抜群!

「絶品生姜焼き」とキャベツをひとくち

f:id:uwano-sora:20201214192057p:plain
カミさん

マヨネーズと合わせると最高やん!


「絶品生姜焼き」とキャベツとマヨネーズをひとくち

おしまい

以上、業務スーパーの「姜葱醤」を使って野永シェフの「絶品生姜焼き」を作った話でした。

「姜葱醤」にはねぎと油が入っているので、オリジナルと風味が若干異なると思いますが、ものすごくおいしかったです。

Youtubeやクラシルアプリなどで野永シェフの家庭向けレシピは他にも沢山公開されているので、また挑戦してみたいと思います。