sora’s 早起きノート

日常と世の中の動きの隙間ウォッチ

マイナポイントの申込みはパソコンより専用スマホアプリが便利

昨日からマイナポイントの申込みが始まりました。

先日書いた記事では、あせる必要はないので、決済サービスを何にするかは慎重に選びましょうと書きました。

でもウチはもうWAONに決めていたので、昨日申込みをしてしまいました。(^_^;

そう、ウチは筆者もカミさんも気が早い性格で、何でも早めにするのが好きなんですね。

買い物も食事も、可能な限りお店が開店する前に到着するように動きます。

この気の早さが裏目に出て痛い目に何度か会っているので、今回もとんでもないプレミア付きのサービスが現れて、ぎゃふん(古!)と言うかも知れませんが、そうなったら笑ってやって下さい。

それはさておき。

マイナポイントの申込方法

マイナポイントを申し込むにはいくつか方法がありますが、決済サービスによって使える方法や時期が異なりますので注意して下さい。

申込方法 備考
スマートフォン マイナンバーカードに対応した機種のみ
決済サービスにより専用のアプリが用意されている場合あり
パソコン マイナンバーカードに対応したICカードリーダライタが必要
コンビニのマルチコピー機 ローソン・セブンイレブンに設置
ATM セブン銀行ATM
マイナポイント手続スポット 市町村窓口など
店頭 店頭でICカード等を購入する際に申込み

バソコンからのマイナポイントの申込について

筆者はICカードリーダライタを持っていたので、今回はパソコンを使ってマイナポイントの申込手続きを始めました。

細かい手順については書きませんが、マイナポイントのサイトに詳しい説明が出ているのでその通りにすれば問題ないと思います。

但し、筆者はパソコンでの手続きを途中で中止し、スマホを使った手続きに変えました。

その理由は、決済サービスを選択した後、申込情報の入力でちょっと不安になったからです。

筆者の選んだWAONでは、決済サービスIDとして、使用するWAONカードのWAON番号、セキュリティコードとして、WAON番号の下に書いてあるコードを入力するのですが、なんせ桁数が多いので、間違いなく入力できている自信が持てません。

マイナポイント申込画面1

入力後の確認画面では決済サービスIDとセキュリティコードが隠されてしまっていて、最後の確認ができないのです。

マイナポイント申込画面2

「申込内容の変更はできません」という赤字の警告にビビって、一度前画面に戻ってしまいました。

ここで、そういえばWAONマイナポイント申込アプリなら番号入力の手間がない、と書いてあったことを思い出し、パソコンからの手続きを中止することにしました。

WAON専用のマイナポイントアプリについて

筆者のスマホはiPhoneなので、App Storeから「マイナポイント」で検索して、総務省自治行政局の「マイナポイント」と、AEON Co.,Ltdの「WAON マイナポイント申込アプリ」の2つのアプリをインストールしました。

マイナポイントアプリのアイコン

あとは「WAON マイナポイント申込アプリ」を開いて、①利用規約への同意>②WAONカード読み取り>③パスワード入力してマイナンバーカード読み取り>④サービス連携の同意とマイナポイント申込 で完了。

マイナポイントアプリの申込画面

WAON専用なので当然ですが、決済サービスの選択も不要だし、WAONカードの情報も読み取ってくれるので間違いないし、マイナンバーカードのパスワード以外の入力は不要なので、こっちの方が全然楽でした。

一応、パソコンのマイキープラットフォームにログインして確認すると、マイナポイントは申込済みになっていました。

マイナポイントの予約って必要だったの?

ところでマイナポイントの事前準備としては、

    1. マイナンバーカードの取得
      マイナポイントの予約(マイキーIDの取得)
      マイナポイントの申込み

  • が必要とアナウンスされていました。

    筆者は随分前にマイナンバーカードとマイキーIDの取得を済ませていましたが、カミさんはマイナンバーカードの取得だけで、マイキーIDはまだ取得していませんでした。

    それでカミさんの手続きでは、何か特別の処理が必要だったかと言うと、そんなモノは全くなく、筆者の手続きと完全に同じ手順で、マイキーIDは勝手に取得されていました。

    ということで、マイナポイントの予約については、気にする必要はありませんでした。

    あの準備(マイナポイントの予約)は何だったんでしょうか…

    まとめ

    パソコンでのマイナポイント申込方法の説明を見ると、申込情報の入力が間違っていたらエラーが出ることになっているので、入力ミスは心配し過ぎなのかも知れません。

    ただ、カードから読み取ってくれるのがベストだと思います。

    せっかくICカードリーダライタがあるのだから、パソコンでの申込みもカードを読み取ってくれたらと思うのですが、ICチップ対応のカードだけが対象ではないので、汎用の仕組みだと難しいのでしょう。

    なお、筆者の選んだWAONのマイナポイントアプリは、カード情報を読み取ってくれましたが、他の決済サービスのアプリについては確認できていません。ただ、各社の専用アプリなので、入力しやすいような工夫がされていることが期待できると思います。

    以上、マイナボイントの申込をした報告と感想でした。