sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

「ぬって焼いたらメロンパン」と「パンにぬったらメロンパン」

カルディでパンのお供の新作「ぬって焼いたらメロンパン」を買ったのですが、スーパー(イトーヨーカドー)でも同じようなものを見つけたので買ってみました。

写真:「ぬって焼いたらメロンパン」と「パンにぬったらメロンパン」斜め上から

「ぬって焼いたらメロンパン」と「パンにぬったらメロンパン」

カルディの「ぬって焼いたらメロンパン」に対して、スーパーにあったのは「パンにぬったらメロンパン」です。似たような名称なのでブランド違いの同じものかと思いましたが、全く別の商品でした。

写真:「ぬって焼いたらメロンパン」と「パンにぬったらメロンパン」上

カルディの「ぬって焼いたらメロンパン」は、人気商品「ぬって焼いたらカレーパン」のシリーズ第二弾といったところでしょうか。

写真:「ぬって焼いたらメロンパン」上

このシリーズを製造している株式会社和田山農産はソントンのグループ企業です。かるでぃで306円(110g)でした。

写真:「ぬって焼いたらメロンパン」サイドラベル

「パンにぬったらメロンパン」の方は、塗ってトーストするだけでなく、トーストせずそのまま食べることも想定されています。

写真:「パンにぬったらメロンパン」上

製造している丸和油脂株式会社は、甘味スプレッドの他に、マーガリン、マヨネーズ、ドレッシング等を製造・販売する食品メーカーです。イトーヨーカドーで278円(130g)でした。

写真:「パンにぬったらメロンパン」ラベル拡大

クリームの色は、「ぬって焼いたらメロンパン」の方は白っぽいですが、「パンにぬったらメロンパン」の方は淡い緑色をしています。

写真:「ぬって焼いたらメロンパン」と「パンにぬったらメロンパン」中

「ぬって焼いたらメロンパン」と「パンにぬったらメロンパン」を食べる

早速パンに塗って焼いてみます。左が「ぬって焼いたらメロンパン」で右が「パンにぬったらメロンパン」です。メロンパンをイメージしてスジを入れてみました。

写真:「ぬって焼いたらメロンパン」と「パンにぬったらメロンパン」をパンに塗る

「ぬって焼いたらメロンパン」の方が少し焦げやすいようです。

写真:「ぬって焼いたらメロンパン」と「パンにぬったらメロンパン」のトースト

「ぬって焼いたらメロンパン」は、クッキーのようにサクサクした食感で、ほんのりとメロンの香りがします。

写真:トーストした「ぬって焼いたらメロンパン」をひとくち

カミさん

メロンパンや~!

「パンにぬったらメロンパン」の方は若干しっとりしていて、とても甘いメロンパンです。

写真:トーストした「パンにぬったらメロンパン」をひとくち

sora

甘くておいしい!

「ぬって焼いたらメロンパン」はあくまでトーストすることが前提ですが、敢えて焼かずに食べてみました。このままでもザクザクした食感があり、これはこれでおいしいです。

写真:パンに塗っただけの「ぬって焼いたらメロンパン」をひとくち

「パンにぬったらメロンパン」の方はそのまま食べることを想定しているので、甘くておいしいメロンパン風クリームです。

写真:パンに塗っただけの「パンにぬったらメロンパン」をひとくち

おしまい

以上、カルディの「ぬって焼いたらメロンパン」とスーパーの「パンにぬったらメロンパン」の紹介でした。

「ぬって焼いたらメロンパン」の方が甘さは控えめですが、メロンパンの食感がよく再現されていました。

「パンにぬったらメロンパン」はかなり甘いですがそのままでも食べやすく、手軽に使えるのでパンのお供としてオススメです。

Amazon 「スプレッド」の売れ筋ランキング