sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

暑い夏には結構いいかも!アマゾンで買った「アイスネックリング」

最近よく見かける「アイスネックリング」、「クールリング」とか「ネッククーラー」とかも呼ばれているようですが、遅ればせながら買ってみました。

写真:「アイスネックリング」MサイズとLサイズ

アマゾンで同じ商品のLサイズとMサイズを買ったつもりなのですが、何故か別の商品が届きました。

「アイスネックリング」Lサイズ(Skily)

LサイズはPrime扱いで翌日配送だったので、まずはお試しで注文してみました。

写真:「アイスネックリング」Lサイズ(Skily)のパッケージ

似たような商品が沢山ありますが、こちらは簡易的なパッケージで「Skily」というロゴが描かれており、販売者名は「ソウシア商事株式会社」となっていました。

写真:「アイスネックリング」Lサイズ(Skily)

類似品と同様、PCMという28℃以下で自然凍結する特殊な素材をTPUのチューブに充填したもので、冷蔵庫に入れるだけですぐに凍ります。

写真:「アイスネックリング」Lサイズ(Skily)説明書

首に装着すると適度な冷たさが維持し、快適にクールダウンできます。Lサイズのせいか、カミさんだと首まわりにかなり余裕があります。

写真:「アイスネックリング」Lサイズ(Skily)を装着

「アイスネックリング」Mサイズ(Frosty Ring)

ということで、発送まで数日掛かるとなっていたMサイズも注文しましたが、3日後には届きました。

こちらはプラケースのパッケージに「Frosty Ring」のロゴが描かれており、販売元が株式会社東亜産業となっていました。

写真:「アイスネックリング」Mサイズ(Frosty Ring)のパッケージ

チューブ両端が膨らんだ形状で、明らかにLサイズのものとはデザインが異なっています。

写真:「アイスネックリング」Mサイズ(Frosty Ring)

もちろん機能的には同じです。

写真:「アイスネックリング」Mサイズ(Frosty Ring)説明書

Lサイズとの大きさの違いはわずかですが、Mサイズの先端が膨らんでいるお陰で、首に着けるとよりフイット感があります。

写真:冷やした「アイスネックリング」MサイズとLサイズを並べる 写真:冷やした「アイスネックリング」MサイズとLサイズを並べる

ただ、喉仏のある男性は違和感を覚えるかも知れません。ちなみにカミさんはMサイズがお気に入りでした。

写真:「アイスネックリング」Mサイズ(Frosty Ring)を装着

まとめ

以上、流行りの「アイスネックリング」を買ってみた話でした。

今年の暑い夏を乗り切るために必須のアイテムかも…

ちなみに今回の商品はどちらもアマゾンで1,680円でしたが、ドラッグストアには更に安価な商品もありました。

実はこの商品は2つ同時に装着すると更に快適感が増すので、買い増すことを検討中です。

写真:「アイスネックリング」を2つ装着