sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

カルディの「ロスティ」で作る「コンビーフチーズポテト」が絶品!

カルディでスイスデリスの「ロスティ」を買ってきました。

写真:スイスデリス「ロスティ」

「ロスティ」はじゃがいもを使ったスイスの伝統的な料理ということですが、要はハッシュドポテトですね。

今回はこの「ロスティ」にコンビーフとチーズ、それに卵を混ぜて「コンビーフチーズポテト」を作ってみました。

カルディの「ロスティ」で「コンビーフチーズポテト」を作る

カルディで売っている「ロスティ」は、キャメル珈琲の関連会社「株式会社オーバーシーズ」が輸入したもので、内容量500gで3~4人前です。

写真:スイスデリス「ロスティ」パッケージ裏

パッケージを開ける前に手で揉んで、中身をよくほぐします。

写真:スイスデリス「ロスティ」のパッケージごと揉む

今回は付け合せのハッシュドポテトではなく、メインディッシュとして「コンビーフチーズポテト」を作るため、ボールに「ロスティ」を入れてコンビーフ、卵、細切りチーズを混ぜ合わせます。

写真:「ロスティ」にコンビーフ、卵、チーズを混ぜる

最後に塩と黒胡椒を振って味を整えたら、後はフライパンで焼くだけです。

写真:最後に塩と黒コショウを振る

今回は半分ずつ2回に分けて焼きましたが、もう少し小さめの方がひっくり返しやすいかも知れません。

写真:フライパンで半分の量を焼く

おいしそうに焼けました。

写真:焼き上がり

ちなみにフランスパンと一緒に食べたいと思い、ヴェルデの「ガーリックシュリンプトーストスプレッド」を塗って焼きました。

写真:フランスパンに「ガーリックシュリンプトーストスプレッド」を塗る

「コンビーフチーズポテト」を食べる

それではいただきます。

写真:「コンビーフチーズポテト」の出来上がり

コンビーフとチーズの塩加減が絶妙で、ポテトの風味を引き立てます。

写真:「コンビーフチーズポテト」をひとくち

f:id:uwano-sora:20201214192057p:plain
カミさん

わぁ、これはおいしい!

「ガーリックシュリンプトーストスプレッド」を塗ったフランスパンも、とてもいい味です。

写真:「ガーリックシュリンプトーストスプレッド」フランスパン

「コンビーフチーズポテト」との相性も抜群でした。

写真:「コンビーフチーズポテト」とフランスパン

f:id:uwano-sora:20201027182240p:plain
sora

茶色いモノ同士で背徳感が半端ない…

おしまい

以上、カルディの「ロスティ」を使った「コンビーフチーズポテト」を作った話でした。

カルディの「ロスティ」は付け合せにするには量が多いので、メインディッシュにしてみましたが、それでも二人分としては多かったです。

でも病みつきになるほどおいしく出来ました。

ちなみに業務スーパーの「ロスティ」も買いましたが、こちらは300gと2人でちょうどいいボリュームでした。

写真:カルディの「ロスティ」

塩コショウだけでシンプルに食べましたが、じゃがいもの旨味が感じられてとてもおいしかったので、こちらもオススメです。

Amazon 「ロスティ」の検索結果