sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

五目ちらし?ばら寿司?混ぜ寿司?「すし太郎」で「ちらし寿司」

永谷園の「すし太郎」で「ちらし寿司」を作りました。

写真:永谷園「すし太郎」

「すし太郎」は、稲荷寿司を作るときによく使いますが、今回は具材のトッピングを楽しむ「ちらし寿司」にしました。

永谷園「すし太郎」で「ちらし寿司」を作る

永谷園の「すし太郎」は、パッケージに「五目ちらし」の表示があるように、「れんこん」「にんじん」「干ぴょう」「たけのこ」「しいたけ」が入ったちらし寿司の素です。

写真:永谷園「すし太郎」パッケージ裏

パッケージには2人前の小袋が2つ入っています。

写真:永谷園「すし太郎」の内容物

1袋2人前は、米1.5合を炊いたご飯に混ぜます。

写真:米1.5合のご飯に「すし太郎」を混ぜる

トッピングの材料です。今回は錦糸玉子、きゅうり、椎茸の甘煮、ボイル海老、カニカマを用意しました。

写真:「ちらし寿司」のトッピング材料

「ちらし寿司」を食べる

最後に海苔と紅生姜を乗せて、頂きます。

写真:「ちらし寿司」

さっぱりした酢飯がおいしいです。

写真:「ちらし寿司」をひとくち

sora

きゅうりの食感がいいね!

カニカマと椎茸の甘煮がいい味出しています。

写真:「ちらし寿司」をもうひとくち

カミさん

カニカマの風味が最高!

おしまい

以上、永谷園の「すし太郎」で「ちらし寿司」を作った話でした。

ちなみに東京を中心に関東地方で「ちらし寿司」というと、酢飯の上に寿司ネタを乗せたものを指す場合がありますが、全国的には細かく切った具材を酢飯に混ぜ込んだ「混ぜ寿司」のことを「ちらし寿司」と言うことが多いと思います。

関西地方では「ばら寿司」とも言いますね。どちらにしてもトッピングするネタを楽しむのがいいと思います。