sora’s 早起きノート

おいしいモノや気になるグッズ、身の回りのことから宇宙まで…

カルディ「緑豆チヂミ(ピンデトックの粉)」と「台湾大根餅の素」

少し前にカルディで買っていた「緑豆チヂミ(ピンデトックの粉)」と「台湾大根餅の素」を作りました。

写真:カルディ「緑豆チヂミ(ピンデトックの粉)」と「台湾大根餅の素」

「緑豆チヂミ(ピンデトック)」を作る

「緑豆チヂミ(ピンデトック)」は韓国で食べられている緑豆を使ったチヂミです。

カルディの「緑豆チヂミ(ピンデトックの粉)」は韓国からの輸入品で、緑豆粉、米粉、小麦粉からなるミックス粉です。

写真:「緑豆チヂミ(ピンデトックの粉)」パッケージ裏

材料の野菜は、もやし、玉ねぎ、ニラ、ネギを用意しました。

写真:材料

まずはパッケージの裏にあったタレを作ります。玉ねぎをひと口大に切り、醤油、砂糖、酢、水(全て大さじ2)を合わせた調味液に漬けておきます。

写真:タレを作る

次に、ミックス粉を水(180ml~200ml)で溶き、もやし、玉ねぎ、ニラ、ネギを混ぜ合わせて生地を作ります。

写真:緑豆チヂミ(ピンデトック)の生地

多めの油で揚げ焼きにします。

写真:緑豆チヂミ(ピンデトック)を焼く

両面焼き上がりました。

写真:焼けた緑豆チヂミ(ピンデトック)

「台湾大根餅」を作る

筆者は食べたことがありませんが、台湾の大根餅は、大根と米粉などで作るシンプルなものらしいです。

カルディの「台湾大根餅の素」は、粉に水を加えてこねたものを焼くだけで、シンプルな味わいの台湾風大根餅が簡単に楽しめるというもの。

写真:「台湾大根餅の素」パッケージ裏

本品に水(150ml)を加えてこねた後、生地を15分寝かせます。

写真:「台湾大根餅」の生地

形を整えてフライパンで焼きます。普通は四角い形にするみたいですが、今回はひと口サイズで適当に丸めて…

写真:「台湾大根餅」を焼く

両面を焼き上げれば完成です。

写真:焼けた「台湾大根餅」

「緑豆チヂミ(ピンデトック)」と「台湾大根餅」を食べる

それではまず「緑豆チヂミ(ピンデトック)」を頂きます。

写真:「緑豆チヂミ(ピンデトック)」

作っておいたタレの味がとてもおいしいです。

写真:「緑豆チヂミ(ピンデトック)」とタレ

玉ねぎと一緒に食べるのが本場韓国流だそうです。

写真:「緑豆チヂミ(ピンデトック)」をひとくち

カミさん

タレおいしいけど玉ねぎが辛いね!

次は「台湾大根餅」を頂きます。

写真:「台湾大根餅」

ちょっと柔らかめな餅の食感です。

写真:「台湾大根餅」をひとくち

甘口醤油が良く合います。焼海苔を巻いて…

写真:「台湾大根餅」と焼海苔

sora

ピンデトック用に作ったタレも合う!

おしまい

以上、「緑豆チヂミ(ピンデトック)」と「台湾大根餅の素」を作った話でした。

ピンデトックは具の野菜が多すぎて、チヂミとしてはちょっと分厚くなってしまいました。

大根餅は形を整えるのが難しかったですが、味には関係ないのでOKですね。

ピンデトック用のタレが意外とおいしかったので、この調味液のレシピ(醤油、砂糖、酢、水を全て同量)は覚えておきたいです。

Amazon 「お好み焼・たこ焼き粉」の売れ筋ランキング