sora’s 早起きノート

早起きシニアのひとこと。今日も生きてます (^_^)V

NYでは多くの人が家で感染?新しい生活様式と同時に大事な衛生観念

f:id:uwano-sora:20200507193740j:plain

NBCニュースによると、ニューヨーク州のクオモ知事は、最近コロナウイルスのために入院した患者の3分の2は、ほとんど家にいたにもかかわらず感染した、という調査結果をあきらかにした後、次のように述べたそうです。

Everything is closed down. Government has done everything it could. Society has done everything it could. Now it's up to you.

NBC News

「全ては閉ざされている。政府はできる限りのことをした。社会はできる限りのことをした。あとはあなた次第だ。」・・・筆者はこれを読んで、やっぱりそうなんだよな~、と思いました。

もちろん、多くの人が家にいる状況なので当たり前と言えば当たり前なのですが、要するに、家に居さえすれば安全、と言うことではないのだと思います。環境によってはかえって家の方が危険なこともあるでしょう。

つまり、強制されたから家に居る、ということではダメだと言うこと。

人と人との接触以外に、ウイルスは色々なモノに付着して簡単に家の中まで侵入してきます。

家の中を含めて身の回りに潜んでいる感染リスクを認識し、いかにそのリスクを軽減できるかということがポイントになってくるのだと思います。

これは個人の衛生観念の更なるレベルアップが必要ということでもあり、日本政府が言っている「新しい生活様式」にも一部含まれていると思いますが、「STAY HOME」よりも大事なことかも知れません。

現状でも、日本人の平均的な衛生観念の高さや生活習慣のお陰で、他国に比べ新型コロナウイルスの感染が抑えられている可能性があると言われています。

但し日本人にも色んな人がいますし、感染症対策としてはまだまだ不十分なことも多いでしょう。(トイレで手を洗わない人も結構見かけますね)

もちろん、清潔好きと言われていた人でも感染している現実がありますので、なかなか完璧には防ぎきれないでしょうけど、個人でできることをしっかりするしかないと思います。(過剰な対応を他人に強要してはいけませんが)

一旦ピークが過ぎた後も、第二波、第三波のパンデミックが予測されていますので、ワクチンや特効薬が完成・普及するまで、長期戦を覚悟して感染リスクに気を配り、なんとか乗り越えていきましょう。