Surface GoのLTE通信が不安・・・エディタとしてScrivenerを使い始めました

Surface Goを毎日持ち歩いて快適に使い始めましたが、たまにLTE接続が不安定になります。

折角LTEモデルにしたのだからと、ブログ記事はブラウザを使ってオンラインではてなブログサイトに直接下書きを打ち込んでいたのですが、LTE通信が突然切れてしまい繋がらなくなる現象が発生し、編集中の文書が保存できなくなったことがありました。

そのときは慌ててiPhoneのテザリングに繋いで事なきを得たのですが、それ以来外出先でのオンライン直接打ち込みは、簡単な編集以外は避けるようにしています。

ちなみにLTEが繋がらなくなった後、Windowsの再起動もできなくなり(クルクルが終わらない)、電源ボタン長押しで強制終了させることで回復しました。

このとき以外にも、Windowsの再起動やシャットダウンが終了しない現象は頻発していて、電源ボタン長押しで強制終了させれば復活するのですが、どうも不安定。

なんとなくスリープから復帰した後不安定になるような気がしたので、毎回シャットダウンする運用に変えたところ、その後は再発していません。

SSDなので起動時間はあまり気になりませんが、LTE通信が開通してからOneDriveやDropboxなどのクラウドの同期が終わるまで少し待ってから使い始めるようにしています。パソコンとして使っていますので我慢できる範囲かな。

スリープ運用に問題があるとするとタブレットとしては失格ですが、そもそもSurface Goは筆者には重すぎるので、読書用には別途Kindleを持ち歩いて使い分けています。

ということで、当初はSurface Goではブラウザで直接入力することを想定していたはてなブログですが、やはり一旦ローカル保存できるエディタを使うことにしました。

WindowsのエディタはTeraPadを使っていますが、ブログ下書き用としてはもう少し文書管理の機能が欲しかったので、Scrivenerという海外製のソフトを使うことにしました。

f:id:uwano-sora:20190410211338j:plain

実はこのソフトは既に数年前に購入していたのですが、ブログ記事作成用としては活用していませんでした。

Scrivenerは、論文、小説、シナリオなどの原稿執筆に便利な機能満載のソフトなのですが、テキストに限らず、写真やPDFなど色々な参考資料もひとつのプロジェクトとして管理できるので、この機会にブログ記事の管理ソフトとして使ってみることにしました。

f:id:uwano-sora:20190410210409j:plain

また、Windows版と共にiOS版のScrivenerも購入しているので、Dropbox経由でiPhoneなどとも簡単に共有できるので便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です