Surface Goと一緒に持ち歩く小型マウスとしてCAPCLIPを買いました

Surface Go専用タイプカバーのタッチパッドは結構快適に使えるのですが、筆者のくせなのか、文字を入力しているときに手のひらが触れてしまい、カーソルがどこかへ飛んでいってしまうことがあります。

集中力が切れるしストレスにもなるので、タッチパッドをオフにしてマウスを使うことにしました。
ということで、持ち歩き用に薄型か小型のBluetoothマウスを探していたのですが、結局エレコムの小型マウスCAPCLIPを購入しました。
f:id:uwano-sora:20190405071837j:plain

この製品はいくつか型番違いのものがあります。

  • M-CC1BRWH/YL/PN/BU
  • M-CC2BRSWH/YL/RD/BU
  • M-FCC2BRSBK

最後の2桁は色違いになります。

M-CC1BRxxは初期のモデル、M-CC2BRSxxとM-FCC2BRSBKは新しく静音スイッチ搭載したモデルです。
ブラックだけ型番にFが付いているのは謎ですが、材質が違うのでしょうか。

筆者が買ったのは静音スイッチ搭載モデルのホワイト(M-CC2BRSWH)です。
f:id:uwano-sora:20190405071932j:plain

ボディの後ろ半分が透明のキャップになっていて、使わないときは外して反対側に被せると半分の大きさになります。
f:id:uwano-sora:20190405072026j:plain

下側がクリップになっているので、どこかに止めておくこともできます。ちょっと場所を移動したいときなどにクリップは便利そうでが、Amazonのレビューを見るとこの部分はすぐ壊れるようなので、注意が必要です。

変わった形のマウスですが、慣れれば意外と普通に使えます。
Surface Goとの相性も今のところ問題ありません。

少なくともタッチパッドよりは遙かに生産性が上がるし、使わないときはコンパクトになるので、Surface Goのお供には最適かも。
f:id:uwano-sora:20190405072137j:plain

ちなみにタッチパッドの設定はオンにして「マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」のチェックを外しておくと、マウスが接続されていない時だけタッチパッドが使えるので便利です。
f:id:uwano-sora:20190405210450j:plain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です