中華アンプのスピーカ端子が飛んだ話

何年か前に3千円位で購入したLepy LP-2024A+という中華アンプ。

f:id:uwano-sora:20190223210455j:plain

以前はPCのスピーカ用アンプとして使用していましたが、現在はiPad Airに繋いで音楽を聞くときに使っています。
ちなみに現在のPC用スピーカは、以前居間のテレビ用に買ったボーズのサウンドバー。

f:id:uwano-sora:20190223210522j:plain

で、先日、スピーカーコードの付け替えをしているときに、スピーカ端子の中に入っていた小さなスプリングが飛んでしまい、どこかに行ってしまいました。
ごちゃごちゃしている部屋なのでよくモノが無くなるのですが、小さなモノは一旦視界から消えるともうお手上げ。(;_;)
実はこのスプリングは以前も飛ばしたことがあり、そのときはすぐそばに落ちたので事なきを得たのですが、今回は真っ青です。
このスプリングがないと、コードを押さえる部品が外れてしまい、スピーカを繋ぐことができません。分解して内部端子に直接繋げば鳴りますが、スマートではないし、それは最後の手段ですね。

f:id:uwano-sora:20190223211410j:plain

直径2mm×長さ20mmくらいのスプリングなのですが、通販で買えるか探しても、ぴったりのモノは見つかりませんでした。
ホームセンターに探しに行こうかとも思いましたが、ふと、どこかで見かけたような思いにかられ、しばらく周りをキョロキョロしてて思い出しました。シャープペンシルやノック式ボールペンに使われているスプリングにそっくりではありませんか!
さっそく手元にあった古いシャープペンシルを分解してスプリングを取り出し、無事な端子のスプリングと比べてみました。

f:id:uwano-sora:20190223211152j:plain

もちろん種類によって大きさは異なるのですが、たまたま取り出したシャープペンシルのスプリングは若干小さめ。でもなんとか使えそうです。

f:id:uwano-sora:20190223211318j:plain

LP-2024A+の分解はとても簡単で、フロントパネルの四隅のネジと、リアパネルの端子を止めている3本のネジを外すだけで基盤ごとケースから抜き出すことができます。

f:id:uwano-sora:20190223211555j:plain

スピーカ端子は、黒と赤の樹脂製押さえ部品にスプリングをかまして、押さえ部品の軸部分を金属のツメで押さえているだけ。従ってこの金属のツメが緩むと、押さえ部品が簡単に外れてスプリングが飛んでいってしまいます。

f:id:uwano-sora:20190223211900j:plain

f:id:uwano-sora:20190223212223j:plain

一応他の端子もツメをしっかり噛ませておきましたが、簡単に外れてしまうので優しく扱う必要がありますね。この辺は安価な製品なのでしかたないでしょう。

f:id:uwano-sora:20190223212310j:plain

代替スプリングが短いせいでコードを押さえる力が少し弱めになりましたが、大きな問題はなさそうです。やれやれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です