ハワイ旅行2015 四日目:キラウエア火山ツアー

《ハワイ四日目》2015.1.6 tue
朝はいつものようにホテルのモーニングビュッフェ。メニューはおとといと全く同じに戻っていました。2種類を交互に出しているのでしょうね。といっても変わるのはソーセージの種類くらいですが。(^_^;

今日は11時にキラウエア(Kilauea)火山ツアーの迎えがくるので、それまでコナの街を散策(ハワイ語でいうホロホロですね)しました。

f:id:uwano-sora:20180819055306j:plain

ホノルルと違い、朝早くからやっている店はあまり多くない感じ。たまにやっている店は結構混んでいます。

f:id:uwano-sora:20180819055322j:plain

写真を撮りながらブラブラ歩くと、もう繁華街の端。ここにはガイドブックやテレビでも紹介されているレストランのハゴス(Huggo’s)があります。

f:id:uwano-sora:20180819055205j:plain

一応高級レストランという紹介だったと思いますが、外から見る限りはカジュアルな店構えでした。ここは海岸べりに突き出したフロアで夕日を見ながら食事するのがお勧めらしい。

f:id:uwano-sora:20180819055223j:plain

ハゴスの目の前に、もう一つテレビで紹介していたアサイーボウルのテイクアウト店、ベーシックアサイー(Basik Acai)がありました。ここは朝からやっているので賑わっています。

f:id:uwano-sora:20180819055354j:plain

階段を上ったところにあるレジで、一番ベーシックなブラジリアンと、店の人が勧めてくれたアイランドを注文。ちょうどカウンター席が2つ空いていたので、座って食べることができました。普通に美味しい。スモールサイズを頼んだのですが、結構ボリュームがありました。

f:id:uwano-sora:20180819055418j:plain

f:id:uwano-sora:20180819055428j:plain

帰り道は人が結構増えてきました。途中の広場にあるファーマーズマーケット(Kona Farmer’s Market)を覗いてみました。Tシャツなどは、品物も値段もABCストアと変わらない感じでした。交渉すれば安くなるのかも知れませんが。

f:id:uwano-sora:20180819055451j:plain

コナの街のランドマークのひとつ、尖り屋根のモクアイカウア教会(Mokuaikaua Church)にも入ってみました。とても雰囲気のある、いい教会ですね。ステンドグラスが素晴らしく、しばし見とれてしまいました。ここはハワイで初めて建てられた教会だと教会の人が教えてくれました。

f:id:uwano-sora:20180819055510j:plain

ホテルに戻り、小腹がすいたときのためにABCストアでクッキーと水などを購入し、ツアーのバンをロビーで待ちました。

時間通り11時にベンツのバンが到着。車には我々2人だけでしたが、もう1組、ワイコロアのヒルトンホテルでピックアップするという。その前に、車に弁当と水を積むため、昨日行ったばかりのクイーンズマーケットプレイスに寄りました。

ヒルトンから乗ってきたのは2人の子供連れの夫婦。この日はガイドさんを入れて7名のこじんまりしたツアーです。

バンはワイコロアを出て、200号線経由でヒロを目指します。200号線は通称サドルロード(Saddle Road)と呼ばれ、昔はダートが続く酷い道だったようですが、現在は全線舗装されていて快適なハイウエイです。この道の整備に尽力した日系の政治家イノウエ氏にちなみ、”ダニエル・イノウエ・ハイウェイ”と呼ばれています。

途中の何もないところに車を止めて写真撮影タイム。

f:id:uwano-sora:20180819055538j:plain

真っ黒な溶岩が剥き出しの荒野ですが、北と南に、それぞれマウナロア(Mauna Loa)とマウナケア(Mauna Kea)が望める場所です。今は山頂が雪で覆われていて、マウナケア山頂は閉鎖されているそうです。山頂ツアーにしなくて正解でした。

f:id:uwano-sora:20180819055558j:plain

ヒロの街中に入る前にレインボー滝(Rainbow Falls)に寄りました。この日は水量がいつもより少な目だそうで、虹も確認できませんでした。

f:id:uwano-sora:20180819055630j:plain

奥の林の中にある巨大なバニヤンツリーを見学して戻ります。

このツアーではヒロで立ち寄るのはビッグアイランドキャンディーズの店だけで、カメハメハ像は車窓からとなっていたのですが、ドライバーさんの配慮でカメハメハ像の前で降りて写真を撮る時間を取ってくれました。

f:id:uwano-sora:20180819055653j:plain

ビッグアイランドキャンディーズは、以前オアフ島で行ったメネフネマックのチョコレート工場に似た工場を店内からガラス越に見ることができます。

f:id:uwano-sora:20180819055714j:plain

定番のお土産を買い込んで、次はいよいよキラウエア火山へ向かいます。

まずは遠く噴煙を望む、イキクレーター(Iki Crater)の縁を歩く高台のハイキングコースを10分程歩き、サーストンラバチューブ(Thurston Lava Tube)という溶岩でできたトンネルの中を見学します。ここいら一帯はまるで熱帯のジャングルのようです。

f:id:uwano-sora:20180819055743j:plain

f:id:uwano-sora:20180819055755j:plain

f:id:uwano-sora:20180819055807j:plain

その後、火口のそばの高台に行き、シートを敷いて夕食のお弁当を頂きました。お弁当は地元の寿司しおの(SushiShiono)という有名店のもので、ボリュームもありとても美味しかったです。(^_^)

f:id:uwano-sora:20180819055826j:plain

f:id:uwano-sora:20180819055837j:plain

夕暮れが迫る頃、食事した場所より少し高いところにあるジャガーミュージアム(Jaggar Museum)に到着。館内をざっと見て、外に出ると夕焼け空が見事な時刻になっていました。火口付近も赤く染まってきて、直接溶岩を見ることはできませんが、いかにも活火山という感じ。さかんにシャッターを切り続けました。

f:id:uwano-sora:20180819055903j:plain

f:id:uwano-sora:20180819055917j:plain

そしてこのツアーの最後は星空観察。強力な防寒コートを貸してくれたので全然寒くありませんでした。まずは水蒸気の吹き出し口のそばの空き地に行ってみますが、水蒸気がひどくて星が良く見えませんでした。

場所を変えて、今度は草むらの中をかき分けて小さな空き地に。火口が近いため、火口方向は空が赤いのですが、先程とはうって変わって満天の星に歓声があがります。目が慣れてくると、うっすらと天の川が確認できます。双眼鏡を持ってこなかったのが残念。

小型三脚は持ってきていたので、露出15秒にして写真を撮ってみました。マニュアルフォーカスなのでピント合わせが、難しい。やはり結果はピントはずれの写真になってしまいました。(^_^;;

f:id:uwano-sora:20180819055935j:plain

こうしてツアーは終了。来た道を引き返し、ホテルに着いたのは9時過ぎ。思ったより遅くなりませんでしたが、個人的にはもう少し星空観察の時間を取って欲しかった感じがしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です