sora’s 早起きノート

日常と世の中の動きの隙間ウォッチ

ベテルギウスが超新星爆発の予兆

asahi.comに「ベテルギウスに爆発の兆候 大きさ急減、表面でこぼこ」という記事がでた。うちの地区の1月10日付朝日新聞では1面記事だ。
NASAが公開したという画像とともに紹介されているが、驚いたのはこの画像で、まるで金星や火星の映像のようにベテルギウスの表面の模様まで写っている。いくら超巨星とはいえ600光年の彼方の星の表面がここまで見えるようになったのか!?複数の望遠鏡を組み合わせて解像度を上げる技術のお陰らしいが、凄いなぁ。
ちょっと前の写真はこんなもん(NASAのAstronomy Picture of the Dayサイト)だったのだから・・・これでも凄いけど。
もし爆発すれば満月ほどの明るさ、-12等級の点光源になると言われていて、ぜひこの目で見てみたいものだ。