sora’s 早起きノート

日常と世の中の動きの隙間ウォッチ

ジャズやるべ!

「スウィングガールズ」を見た。

ストーリーはあっさりしているというか、あってしかるべき場面をかなり省略しているが、クライマックスの音楽祭の場面をじゃませず逆に好ましいかも知れない。

なんと言ってもこの映画の見所は、吹き替えなしにジャズはおろかほとんどが楽器をさわったことがない俳優達が取り組んだ実際の演奏シーンにある。ともかく、セーラー服姿の女子高生のビッグバンドがスウィングする映像と音に思わず見入ってしまった。

私はもともとジャズは嫌いではないのだが、最後の演奏には思わず胸が熱くなった。ジャズとはあんなに楽しく、カッコイイものだったのかと、改めて認識させられた思いだ。もちろんプロの目、耳からすれば技術的には色々注文は付くのだろうが、ジャズの楽しさが伝わってくるという意味では立派な演奏だと思う。

もしかしたらこの映画は、メイキングをドキュメンタリーにしたら、更に大きな感動を呼ぶ映画になるかもしれない。それぐらい、彼女達(と彼氏)の演奏は見事なものだった。