sora’s 早起きノート

日常と世の中の動きの隙間ウォッチ

2009-03-27から1日間の記事一覧

小説「転々」

直木賞作家・藤田宜永の「転々」(新潮文庫)を読んだ。この作者の作品は初めて読むが、小説の裏に流れる乾いた哀愁感がなんとも言えず心を締め付ける。作者が淡々と描く現実は厳しくも切なく、ついついハッピーな着地点を期待し、想像してしまう自分の甘さ…